mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Susanne Lautenbacher

Susanne Lautenbacher

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年5月19日 19:00更新

 ズザーネ・ラウテンバッハー(Susanne Lautenbacher, 1932年4月19日 アウクスブルク - )はドイツのヴァイオリニスト。ミュンヘンを拠点とするヴァイオリン教師で、フロイント弦楽四重奏団のリーダーであったカール・フロイントに学んだ後、ヘンリク・シェリングの薫陶を受けた。ミュンヘン国際音楽コンクールのヴァイオリン部門に入賞する。

1950年代後半から1990年代初頭にかけて、数々のレーベルに協奏曲や室内楽曲の膨大な録音を残している。レパートリーは、ハインリヒ・ビーバー、ロカテッリ、バッハ、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルト、シュポーア、メンデルスゾーン、ブラームス、プフィッツナー、レーガー、バルトーク、クルト・ワイルのほか、カール・アマデウス・ハルトマンやベルント・アロイス・ツィンマーマン、ハンス・ウェルナー・ヘンツェらによる現代音楽までと幅広い [1]。

ハイルブロンのヴュルテンブルク室内管弦楽団とは数多くの演奏会をこなしてきた。アルトゥール・ダンゲルのヴァイオリンと声楽のための協奏曲《オルフェウス》や、エヴァ・ショルによるヴァイオリン協奏曲《70人体制(Septuarchie)》(1975年)など、多くの作品の初演者でもある。室内楽奏者としては、シュトゥットガルトのベラルテ・トリオやピアニストのマルティン・ガリング、ヴィオラ奏者のウルリヒ・コッホ、チェリストのマルティン・オステルタークらと共演してきた。

1965年にシュトゥットガルト音楽院の教授に任命されてから、長年にわたってヴァイオリンの指導を行なってきた。



【管理人より】
ラウエンバッハーというヴァイオリニストを知ったのは最近です。CDを整理していたら、この女流ヴァイオリニストのバッハの無伴奏ソナタ&パルティータが出てきました。

 聴いてみてびっくりです。素晴らしい!!

 二種類の録音があります。60年代のもの、それから70年代のもの。
二つとも素晴らしいですね。


 これから、彼女の演奏のCD、いろいろ聴いてみたいと思います。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 7人

もっと見る

開設日
2009年9月4日

2998日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!