mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 映画 > 結び目

結び目

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年10月21日 07:39更新

「過去と未来・・・男と女・・・愛欲と憎悪・・・
禁断の結び目が封印された記憶の奥から緩やかに解けていく」


シアター・イメージフォーラムにてレイトショー上映中!

【タイムテーブル】21:00〜
http://www.imageforum.co.jp/theatre/index.html


<キャスト>
赤澤ムック/川本淳市/広澤 草/三浦誠己
玄覺悠子/小橋川よしと/山崎海童/野口雅弘/今野悠夫/水野炭據針禝榿果
辰巳琢郎/上田耕一

<スタッフ>
プロデューサー:小田泰之
監督:小沼雄一
脚本:港 岳彦
撮影:早坂 伸
照明:大庭郭基
録音:杉田 信
衣装:宮本まさ江
編集:前嶌健治
音楽:宇波 拓
ヘアメイク:岩部杏子
スタント:永島さおり/福本浩巳
助監督:木ノ本豪
制作担当:森田理生
ポスプロ:八木義則
ライン編集:菊池剣一
効果:武藤晶子
キャスティング:弘瀬謙二
メインビジュアル:丘山理絵
宣伝協力:adm
製作・配給:アムモ

<解説>
教師と生徒という立場でありながら、禁断の関係を結んでしまった啓介と絢子。あれから14年間、別々の道を歩んできた二人は、ある日、偶然から出会ってしまう。固く封印された情念は、過去の記憶をたどりながら、再び二人の距離を急速に近づけていく。火を噴くような激しさと、息を呑むような淫靡さが同居する斬新なラブストーリーは、男と女の業の奥深さを鮮やかに描き出し、さまざまな愛のカタチを浮かび上がらせる。新緑の季節を見事に切りとった映像美と緻密な人間描写によって、甘美でほろ苦いオトナのためのファンタジーが紡ぎ出される。

主演の絢子役に、劇団「黒色綺譚カナリア派」主宰であり、演出・脚本・役者と多才な赤澤ムック。夫の愛を理解しつつも、鮮烈な過去の恋に縛られ生きる女を体を張った演技で体現。元教師、啓介役に『CARON』『ポチの告白』の川本淳市。絢子への想いに狂う不器用で弱い男を独特の存在感で熱演。啓介の妻、茜役に『愛のむきだし』の広澤草。一途に啓介を愛する健気な妻を抜群の演技力で愛らしく演じきる。この他、絢子の夫、雁太郎に『ニセ札』の三浦誠己、認知症を患う絢子の義父に『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』の上田耕一と実力派が脇を固める。監督は『AKIBA』が東葛国際映画祭に正式出品され、最新作『童貞放浪記』も高い評価を受ける小沼雄一。時を越えて燃え上がる男女の愛を文学的な静謐さと官能的な表現で見事に映像化。脚本は「僕がこの街で死んだことなんかあの人は知らない」で第11回大伴昌司賞を受賞、08年、「イサク」がピンクシナリオコンクール入選をはたした港岳彦。撮影は『リアル鬼ごっこ』『呪怨 黒い少女』などの作品を手がけた早坂伸。今作ではニコンデジタル一眼レフカメラD90の動画撮影機能「Dムービー」での全編撮影に挑戦し、瑞々しく美しい映像世界を創り上げている。


<あらすじ>
優しい夫と結婚したばかりの奥津絢子(赤澤ムック)は、洋服を預けにいったクリーニング屋で思いがけない人物と再会する。浅尾啓介(川本淳市)――14年前、中学生だった絢子と禁断の恋に落ちた元中学教師だ。彼は教師をクビになり、いまでは腕のいいクリーニング職人として所帯を構えていた。同じ町内で何事もなかったように日常生活を送る二人だが、かつて逢瀬を重ねた森での、あまりにも官能的な記憶が少しずつ二人の距離を縮めてゆき――。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 42人

もっと見る

開設日
2009年8月28日

2975日間運営

カテゴリ
映画
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!