mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 桐生悠々

桐生悠々

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2013年9月24日 23:16更新

「威張るものは、大抵弱いものである」

「国家あっての人民ではなく、人民あっての国家である」

(『桐生悠々反軍論集』新泉社)

★ 桐生悠々  1873年〜1941年 
石川県の金沢で生まれ、太平洋戦争直前の9月に生涯を閉じる。享年69歳。

個人雑誌「他山の石」発刊などを通して、敢然と反軍国主義を貫いた言論人。その不屈の歩みは言論史上の偉業と讃えられている。

「信濃毎日新聞」「新愛知新聞」の主筆を務め、どの地にあっても政治を厳しく監視し、不正を糾弾する論陣を張った。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


本名政次。官界・実業家などをへて記者生活に入り、「下野新聞」「大阪毎日新聞」「大阪朝日新聞」などを転々としたのち、 1910(M43)「信濃毎日新聞」主筆として長野へ赴任。「陋習打破論」で乃木の殉死を、「政友会の正体」で政友会を批判。 14(T3)「信濃毎日」を退社し「新愛知」主筆となる。24「新愛知」を退社し衆院議員に立候補し落選。 28(S3)再び「信濃毎日」の主筆となったが、33軍部の不合理を批判した「関東防空大演習を嗤ふ」を発表、圧迫をうけて退社。翌34以来、名古屋で個人雑誌「他山の石」を発刊、自由主義的立場で軍部に屈せず、言論活動をつづけた。著書に「桐生悠々反軍論集」1969、「自伝」1973。

1932(S8)『関東防空大演習をわらう』という社説を書いて軍部の怒りを買い、信濃毎日新聞主筆の地位を追われ、名古屋郊外の守山の自宅で個人雑誌「他山の石」を発行して、不撓不屈の軍国主義批判を続けた。 '33慢性の咽喉カタルを自覚していたが、'41に至って、急にのどの腫物が大きくなり呼吸困難を感じ始めた。この時本人はガンだと知らなかった。発禁につぐ発禁にも屈せず「他山の石」に、県当局から廃刊命令が'41(S16)8月である。病や発禁の事態にもめげず「他山の石」を発行し続けていたが、「廃刊の辞」を載せた最後の「他山の石」 8月20日号が読者の手に届いた9月10日夜半、彼はその生涯をとじた。太平洋戦争勃発三ヶ月前である。 9月12日の葬儀に、憲兵が「他山の石」発行停止命令を持ってやって来たとき、長男の浪男は父の句を口ずさんだ。「蟋蟀(こおろぎ)は鳴きつづけたり嵐の夜」 この句は墓所内の句碑として刻まれている。

http://www6.plala.or.jp/guti/cemetery/PERSON/K/kiryuu_y.html


参考HP

■桐生悠々☆
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/kiryuuyuuyuu.htm

■Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%90%E7%94%9F%E6%82%A0%E3%80%85

■信濃毎日新聞
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%A1%E6%BF%83%E6%AF%8E%E6%97%A5%E6%96%B0%E8%81%9E

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 24人

もっと見る

開設日
2005年11月29日

4226日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!