mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > エリアス・カネッティ

エリアス・カネッティ

エリアス・カネッティ

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年5月8日 17:16更新

エリアス・カネッティ(Elias Canetti, 1905年7月25日 - 1994年8月14日)は、ブルガリア出身のユダヤ人作家、思想家。

1905年にブルガリアのルスチュクに生まれる。1913年にウィーンに移住。ウィーン大学で化学を学ぶ。

1929年に学位を取得。この頃代表作『眩暈』を書き始める。 1939年にナチスから逃れるためにイギリスに亡命。1981年にノーベル文学賞受賞。1994年にスイスのチューリヒに没。その亡骸はジェイムズ・ジョイスの隣に葬られた。

■ 邦訳著作
『群衆と権力』 (岩田行一 訳)
『もう一つの審判──カフカの「フェリーツェへの手紙」』 (小松太郎・竹内豊治 訳)
『眩暈』 (池内紀 訳)
『マラケシュの声──あの旅のあとの断想』 (岩田行一 訳)
『断ち切られた未来──評論と対話』 (岩田行一 訳)
『猶予された者たち』 (池内紀・小島康男 訳)
『断想──伝記1941〜1948』 (岩田行一 訳)
『救われた舌──ある青春の物語』 (岩田行一 訳)
『耳証人──新・人さまざま』 (岩田行一 訳)
『耳の中の炬火──伝記1921〜1931』 (岩田行一 訳)
『蝿の苦しみ──断想』 (青木隆嘉 訳)
『眼の戯れ──伝記1931〜1937』 (岩田行一 訳)

安部公房の「死に急ぐ鯨たち」という書物の中に、カネッティへの言及がある。「UKのパブで飲んでいた、学問のある貧しい老人」というくだりは、なかなか強烈かもしれない。(と思う)。学問のある貧しい老人、とは、安部公房の友人が抱いた印象である。彼は行きつけのパブでカネッティと偶然出会い、その何者たるかを知らず、直接話をしたのだという。カネッティが賞を受け、その名声の高まる以前の逸話。

◆ 参考 ---------------------------------------
・法政大学出版局
http://www.h-up.com/
・『エリアス・カネッティ』 復刊特集ページ
http://www.fukkan.com/group/?no=3046
・canetti link
http://www.ub.fu-berlin.de/internetquellen/fachinformation/germanistik/autoren/multi_cde/canetti.html

◆ 関連コミュニティ -------------------------------
・安部公房
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2474
・ジェイムズ・ジョイス
http://mixi.jp/view_community.pl?id=21165
・池内紀倶楽部
http://mixi.jp/view_community.pl?id=53230
----------------------------------------------

※トピックは自由に作ってください。

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 167人

もっと見る

開設日
2004年10月16日

4432日間運営

カテゴリ
本、マンガ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!