mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Michael Yonkers

Michael Yonkers

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年4月23日 21:51更新

ジミヘンやイギー・ポップよりも遥かに偉大なサイケデリック・ロックンロール狂人、マイケル・ヨンカーズさんのコミュニティ。

絶品アシッド・フォーク"Grimwood"もイイけど、やっぱ弥勒菩薩ブッ殺して地獄を這いずり回るような血まみれキチガイガレージ"Microminiature Love"もサイコーだよな!

未だ現役! スゴイ!


Guitarist Michael Yonkers formed his own Michael Yonkers Band in Minneapolis in 1967, at about the same time that Hendrix was forming his Experience.
The album recorded in 1968, Microminiature Love (1969 - Destijl, 2002 - Subpop, 2003), his artistic peak, ran the gamut of the era's styles, from Jefferson Airplane-ish acid-rock (Jasontown) to voodoo-blues (Boy In The Sandbox, Smile Awhile).

Free Flight (Get Hip, 1997) collects unreleased recordings from 1964 to 1969.

Yonkers recorded a few solo records and collaborations before he broke his back in 1971. All those albums were released years after they had been recorded: the acoustic, folkish Grimwood (1974 - De Stijl, 2007), recorded in 1969, Michael Lee Yonkers (1974), recorded in 1972, Goodby Sunball (1974), recorded in 1973, Borders of my Mind (1974), Thy Will Be Done (1976).

After a quarter of a century, Michael Yonkers returned with It's Only Yonkers (Galactic Zoo Disk, 2004).

Carbohydrates Hydrocarbons (Go Johnny Go, 2007) paired him with the Blind Shake for a session of distorted garage-rock.

No Kidding (Ruby Red Editora, 2008) was a solo guitar show that leaned towards cacophony.


サイケ Psychedelic アシッド Acid SUB POP Michael James

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 15人

もっと見る

開設日
2009年8月12日

3050日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!