mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 地域 > 竹林寺(奈良県生駒市)

竹林寺(奈良県生駒市)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年6月18日 10:32更新

竹林寺とは…簡単に言ってしまえば、行基様の御墓があるところですぴかぴか(新しい)
毎月、遠方からもたくさんの研究者の方が訪れているようです☆
普段は非常に静かで、デートには最適な場所だと思いますぴかぴか(新しい)
少々蚊は多いですが…ダッシュ(走り出す様)

電球竹林寺の詳しい歴史電球(wikipediaより引用)
生駒山の東麓の山中に位置する。奈良時代に架橋、治水などの社会事業に奔走し、東大寺大仏の造立にも力のあった僧・行基の墓所がある寺である。行基が壮年期に営んだ小庵が後に寺院とされたものと思われる。行基は文殊菩薩の化身と信じられており、寺号は文殊菩薩の聖地である中国の五台山大聖竹林寺にちなむ。明治時代以降は廃寺同然となり、本山の唐招提寺が管理していたが、20世紀末から境内の整備が進められている。

行基研究の基礎資料の一つである『行基年譜』(安元元年(1175年)の成立)には、慶雲4年(707年)、当時40歳の行基が「生馬仙房」に移ったとの記載がある。一方、東大寺の学僧・凝然(ぎょうねん)が著した『竹林寺略録』(嘉元3年(1305年)成立)には、行基は慶雲元年(704年)、生駒山に入り、「草野(かやの)仙房」に住したとある。「生馬仙房」と「草野仙房」が同じものであるか、またそれが現在の竹林寺に相当するのかについては確証はないが、当地に行基の墓があることから考えて、「生馬仙房」の後身が竹林寺であると推定されている。

正史『続日本紀』の宝亀4年(773年)11月20日条には「行基が修行した40余箇所の寺院のうち、6箇院は荒れ果ててしまっているので、それぞれに田3町ないし2町を施入する」という趣旨の記述があり、その6箇院の中に「生馬院」が含まれている。ここからは、行基の没後20数年にしてすでに「生馬院」が荒廃していたことが伺える。

約5世紀後の文暦2年(1235年)、寂滅という僧の著した『竹林寺縁起』によると、同年、寂滅らは行基の夢告にしたがって生駒山の行基の墓を掘り起こしたところ、舎利瓶(蔵骨器)や墓誌を発見したという。墓誌の記載内容は唐招提寺文書中に残されており、それによると、行基は菅原寺(現・奈良市喜光寺)で没した後、「生馬山之東陵」で火葬に付されたという。行基の舎利瓶と墓誌は再埋納されたが、銅製墓誌のごく一部の残片が江戸時代末期に発掘され、地元の個人の所有となっていた。これは昭和8年(1933年)11月11日、「銅製行基舎利瓶残片」の名で重要美術品に認定され、現在は奈良国立博物館の所蔵となっている。

その後、西大寺中興の祖・叡尊(えいそん)、その弟子忍性(にんしょう)らにより再興されたが、明治の廃仏毀釈によって廃絶となる。再興されたのは平成9年(1997年)になってからである。

クローバー研究者・旅行者の方へクローバー
竹林寺には、駐車場はございますが、極力公共交通手段をご使用下さい。
アクセス;近鉄生駒線一分駅or南生駒駅から徒歩15分です。

毎月2日午前に唐招提寺のお坊様を迎えて、お話し会が催されます。
大変興味深いお話が聴けますので、この日に合わせて行くのも良いと
思いますよぴかぴか(新しい)

また、運よく管理人さんにお会いすることができれば、2日以外でも
本堂に入れてもらえることもあります☆

その際は、ぜひ「竹林寺の歴史」という本をもらってきましょう☆
wikipediaよりさらに詳しい、竹林寺、行基様の歴史を知ることが
できますよ電球

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 3人
開設日
2009年8月10日

2849日間運営

カテゴリ
地域
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!