mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > 銀の鬼

銀の鬼

銀の鬼

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年6月11日 07:08更新

『銀の鬼』(ぎんのおに)は、茶木ひろみによる日本の漫画作品。1986年、『週刊マーガレット』(集英社)にて連載された。
単行本全6巻が同社のマーガレットコミックスから刊行されたものの、絶版となり、その後ソノラマコミック文庫(朝日ソノラマ)にて復刊されている。文庫版は全3巻。
また、続編として『銀の鬼-目覚め-』が、ブッキングより2008年6月現在3巻まで刊行されている。


*あらすじ*
夏乃ふぶきは担任の島影十年に憧れるごく普通の女子高校生。
しかし、彼女にはある秘密があった。小さいころに女性の心臓を食らう銀色の鬼と出会い「大きくなったらお前を食いに来る」と言われたのだ。
両親が不在のおり、転校生・近松善三に鬼の面影を見たふぶきは十年の家に身を寄せるが、十年こそ銀の鬼本人であった。
見守るうちふぶきを愛するようになった十年はふぶきを花嫁にしようとする。彼にひかれつつもふぶきは激しく反発する。

*登場人物*
夏乃ふぶき
17歳。高校2年生。担任教師の十年に憧れている。小さいころに銀色の鬼と出会い魅入られる。気が強いが優しい少女。

島影十年
外見年齢25歳前後。ふぶきの通う高校の教師でクラスの担任。実は美女の心臓を食う銀色の鬼。ふぶきを愛しており自分のものにしようとする。

近松善三
長崎の高校からふぶきのクラスに転校してきた男子高校生。ふぶきの幼馴染みで彼女が好き。鬼からふぶきを守ろうとする。

鹿沼恵子
ふぶきのクラスメイト。取り巻きを連れてふぶきに絡むが、ルックスのいい男性の前ではぶりっ子。近松、後、十年にも言い寄るが…?

金井警部
とある事件をきっかけに鬼と関わることになる中年の刑事。同作者の作品である、『姫〜クラッシックガール〜』にもほほ同じ容貌の警部が出演する。

広田幸二
京都の洋菓子店「魔離堂」の店主。千年前、鬼を退治した男の子孫。鬼を殺す酒「神便鬼毒酒」をスミレ酒として売っている。

広田寛子
幸二の妹。新幹線の中で偶然出会った十年の正体を知らずに魅せられ、交際を申し込むが…。鹿沼恵子に面影が似ている。

青い鬼
1,000年前、十年と共に京から丘の上町に逃げてきたが、死亡したため墓地に埋葬されていた。幸二の持つ青い角の本来の持ち主。

甲田雅子
「魔離堂」の支店マリードールの看板娘。こちらでもスミレ酒を取り扱っている。一巻当初から登場していたが、あることがきっかけで…。

キュン太
青い鬼がふぶきを脅すため、どこからか連れてきた子猫。後にキュン太と名付けられ、ふぶきと十年の飼い猫になる。

末流也
白雪町の男子高校生。幼いころ母親を十年に殺された。ふぶきに恋し、十年を憎む。女顔だが激しい気性の持ち主。

石川ルミ
流也と同じ高校に通い、彼に憧れていた。その後、十年に魅せられる。が、とある事件をきっかけに再び流也に好意を抱くミーハーな女子高生。

西尾主任
ウェルカム不動産の社員。部下になった十年に説教をしたことで、不興を買い、妖力で片目を失う。その後も十年をつけ狙うが…。

岡田麗子
不動産会社の令嬢。社員になった十年に恋し結婚を画策する。不似合いな少女趣味のファッションをしている。





Wikipediaより参照。

*トピ立てはご自由にどうぞ

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 30人

もっと見る

開設日
2009年8月4日

2678日間運営

カテゴリ
本、マンガ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!