mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > サークル、ゼミ > 〜Field English〜

〜Field English〜

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2011年12月14日 18:47更新

初めまして、このコミュニティをご覧の皆さん、こんにちわ。

私はこの【Field English】という企画の代表をしている【勅使河原 将】といいます。

早速ですが【Field English】の説明に入りたいと思います。

まず具体的な内容から入りたいと思います。

一言でまとめてしまうと、Field Englishとは「学生運営の無料英語教室」というふうになります。

授業は週に一回、50分2クラスで構成されます。

一つは、月毎に様々な題材(映画、マンガ、ニュース)を用いるInputを中心とした
クラス。

そして、もう一つはOutputの場としてのディスカッションのクラスです。

学校では扱われにくい題材を用い、英語を様々な点から学べる授業構成 になっています。

ここで、いくつか疑問や不安が生じると思います。

�無料って、ほんとに大丈夫なの???

�学生がそんな教室なんてやって大丈夫なの???

もちろん、大丈夫じゃなかったらやりませんし、大丈夫です。

まず、なぜ無料なのかということです。

僕らの想いは、英語に触れる機会をもっと日常にカジュアルにもってもらいたい、ということです。

気軽に英語に触れる機会が増えることで、英語の必要生を感じる機会を増やし、またそれを学習のモチベーションの維持に 繋げてほしいと思っています。

そう考えると、やはり無料で行うことが、 英語を身近にする上でとても大切な事だと考えました。

ということで、私達は無料という事にこだわっていきたいと思っています。

また、学生がなぜ教室というものをもつのか???

ということについてです。

もちろん、教える技量を問題にすると、それを職業としている方と比べると劣る面も多々あります。

しかし、学生だから、学生が本当に求めている事がわかるというのは事実です。

また、この場においては、教える側、教えられる側という明確な区切りではなく、我々、企画側が集まって頂いた方々を、牽引し共に学んでいくという形を目指したいと思っています。

そして、このような機会は、教職を目指す学生にとっても、とても有意義なものになると考えています。

「英語を教えたい」「先生になりたい」という強い気持ちはあるが、それを活かす場が少ないというのが現実です。

そのような方々にとっても、新しい学びの場になるというふうに思っています。

いろいろとここまで話してきましたが、学生が企画運営することで、利点もありますし、欠点もあると思います。

しかし、英語を修得する上で、最も大切なことの一つに、英語に触れる機会を増やすということがあります。

機会を増やすことによって、その必要生を感じる機会が増え、学習のモチベーションが保たれ、学習を継続して行うことが出来ます。

そこで、その機会を増やす一つの手段として、このFiled English を活用して頂ければなと思います。

これまで、英語の勉強が三日坊主だった人も、三日坊主を100回やれば300日分の勉強になります。

どうかそんな前向きな気持ちでこのField Englishを一度のぞいてみて下さい。

みなさんの参加を心からお待ち致しております。


代表 勅使河原 将

問い合わせ先 d.e.d.produce@gmail.com
ホームページ http://www.geocities.jp/dedproduce/

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 25人

もっと見る

開設日
2009年7月26日

2766日間運営

カテゴリ
サークル、ゼミ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!