mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 芸能人、有名人 > しゅくはじめ

しゅくはじめ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2013年9月30日 22:58更新

電球元Rまにあるんるん
今現在はピン芸人として活動中の
しゅくはじめさんのコミュです電球


パソコン公式プロフィール
http://www.asaikikaku.co.jp/profile/shuku/

パソコンアメブロ
http://ameblo.jp/rmania/

パソコンラーメン部ブログどんぶり
http://noodle2010shuku.cmt.ntv7.jp/



電球【本名】宿輪 竜一(しゅくわ りゅういち)

電球【生年月日】 1976年(昭和51年)11月5日

電球【血液型】 B型

電球【出身地】 神奈川

電球【サイズ】 身長167cm/体重 64kg
         B 92cm/W 82cm/H 96cm
  足のサイズ 25.5cm

電球【趣 味】 爬虫類飼育・プロレス鑑賞
          UMA(未確認生物)が好き

電球【特 技】 サバイバル生活

電球【資 格】 キャンプインストラクター
        (日本キャンプ協会)
         バーベキューインストラクター
        (日本バーベキュー協会)
        プロジェクトワイルド・エデュケーター「環境教育指導者」
         (公園緑地管理財団)
         上級救命認定 自動体外式
         除細動器業務従事者(東京救急協会)
         風神流空手7級


ひよこ【来歴・人物】
・横浜市泉区出身で、幼稚園、小学校、
中学校と一緒だった中嶋裕(中島ゆたか)と
Rマニアを1996年6月に結成。
後に「Rまにあ」に改名。
Rまにあとしては『進ぬ!電波少年』(日本テレビ)で
約1年6か月に亘った企画「「電波少年的無人島脱出」
「電波少年的スワンの旅(in the World)で有名になる。
その後『カンコンキンシアター』、
『コサキンDEワァオ!』(TBSラジオ)のコーナー「コサキンヤング部24
(ツーフォー)劇場」などに出演、
Rまにあは2006年に解散。
自らの芸名は最初本名で出演した後、
本名を略して「しゅく」と名乗っていた。
その後ピン芸人に転向し、
関根勤から「しゅく造め」の芸名をもらう。
『カンコンキンシアター』『コサキンヤング部24劇場』に
引き続き出演する他、浅井企画のライブ
『お笑いネオネオダイナマイトショー』でもネタを披露している。
無人島生活の経験を生かし、
日本キャンプ協会認定の「キャンプインストラクター」、
日本バーベキュー協会認定の「バーベキューインストラクター」の
資格を持つ他、環境教育指導者(公園緑地管理財団認定)、
自動体外式除細動器業務従事者、
日本語ワープロ検定4級、風神流空手7級の資格も有する。
これらの資格を活かして子供達に
キャンプ・アウトドアライフを教授する活動を行っている。
大のプロレス好きで山梨県で行われたDDTの
キャンプ場プロレスではリングアナを勤める。
カメレオンやヘビ、トカゲなど何種類もの
爬虫類を飼育したことがあり、爬虫類には詳しい。
既婚である。第1子(男児)が生まれたことを、
2008年9月3日の自分のブログで発表した。


目【芸風】

・「出来れば見たくない、それでもちょっと見たい」というネタを
歌にして披露するという芸を持つ。
ネタが終わりに近づくにつれ、
小林旭の「自動車ショー歌」のメロディーに変わっていくパターンもある。   
・以前は「・・・なことって、あるよね〜」というようなネタを披露していた。

・その後は、緑色の衣装でキュウリを両手に持ち、
替え歌を歌った後に漫談を始めるというキャラクター
『キュウリマン』を演じている。このキャラは
「キュウリの国から来た」ものとしている。

・以前、関根勤にネタ見せで
「乳首から火を出そうとする人間」というものを演じたところ、
失神したため、関根に「危ないから二度とやるな」と言われたという。


2011

6月18日(土)よる7:56〜「奇跡ゲッターブットバース!」出演


5月28日。TBSテレビ「奇跡ゲッターブットバース!」第2回お金執着王決定戦!優勝



<JCN足立>

情報バラエティー『のんき〜ず』

【紹介】

しゅく造め

R(ロッコツ)マニア

お笑いタレント


日本テレビ「進ぬ!電波少年」にて102日間の無人島サバイバル生活を体験、イカダを作り自力で脱出

後に湖に浮かぶスワンボートを海に持ち込み愛媛〜東京、東京〜仙台と航海

ステージを海外に移し、インド・バングラデシュ・ミャンマー・タイ・マレーシア・シンガポール・インドネシアの海をを航海

トータル5400キロの大航海は命をかけた大冒険となる。
過酷なサバイバル経験から得たサバイバル術をレクチャーする他、命の尊さを伝える講演を実施中。

サバイバル講師としてテレビやラジオ番組にも参加。

また無人島から慣れ親しんだ昆虫の魅力を子供に伝えるために昆虫展にて昆虫トークショーなども勢力的に行う。

【資 格】


上級救命認定(東京救急協会)

キャンプインストラクター(日本キャンプ協会)

バーベキューインストラクター(日本バーベキュー協会)

プロジェクトワイルド・エデュケーター「環境教育指導者」

【経歴】

NTV        進ぬ!電波少年「無人島脱出」(1998年 4月〜7月)
         進ぬ!電波少年「スワンの旅」(1998年 7月〜10月)
         進ぬ!電波少年「スワンの旅2」(1998年10月〜12月)
         進ぬ!電波少年「スワンの旅in the Would」(1999年1月〜10月)


他、テレビ、ラジオ、舞台で活動

【著書】

「Rマニア 航海記・上巻・下巻」

【DVD】2010年・リリース

「電波少年&雷波少年 BEST OF BEST」

「くりぃむナントカ」

【講演】

サバイバルレクチャー「生きる力について考える」

【トークショー】

「お笑い界の昆虫博士と昆虫の魅力にふれよう」


わーい(嬉しい顔)トピック作成はご自由にお作りくださいませ。

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 13人

もっと見る

開設日
2009年7月25日

2775日間運営

カテゴリ
芸能人、有名人
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!