mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 大黒屋光太夫

大黒屋光太夫

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年8月18日 22:39更新

時は江戸時代後期、鎖国の真っ只中。

一隻の運輸船が江戸へむかう途中漂流したどりついた先はなんとカムチャッカ!そこからたどる光太夫の人生そのものが、荒波に揉まれたものであります。

漂流民としてたどる過酷な旅のなか、船頭として不安がる仲間を勇気付け、先導していった彼は、組織のリーダーとしても大変すぐれた人物であったことが想像できます。

そんな大黒屋光太夫に関心がある方、情報交換しましょう!

■大黒屋光太夫(だいこくやこうだゆう)※Wikipediaより
宝暦元年(1751年) - 文政11年4月15日(1828年5月28日))
江戸時代後期の伊勢国白子(現三重県鈴鹿市)の港を拠点とした回船(運輸船)の船頭。 1783年、嵐のため江戸へ向かう回船が漂流し、アリューシャン列島のアムチトカ島に漂着。 首都ペテルブルグで皇帝エカチェリーナ2世に謁見して帰国を願い出、漂流から約9年半後の1792年に根室港入りして帰国。 幕府の老中・松平定信は光太夫を利用してロシアとの交渉を目論んだが失脚。 その後は犯罪者扱いされ、江戸で幽閉生活を強いられた。数少ない異国見聞者として桂川甫周や大槻玄沢ら蘭学者と交流し、蘭学発展に寄与。 桂川甫周による聞き取り『北槎聞略』が資料として残され、波乱に満ちたその人生史は小説や映画などでたびたび取りあげられている。

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 93人

もっと見る

開設日
2005年11月26日

4073日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!