mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 動物、ペット > I LOVE☆ハナコ

I LOVE☆ハナコ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年2月16日 06:02更新

20年と1か月と12日も生きて、癒やしを与えてくれた愛猫ハナコに敬意を表してコミュニティーを作りました!

友人関係(マイミクか面識ある方)のみ参加OKですので良かったら参加申請してやってください。わーい(嬉しい顔)


ちなみに姉妹コミュニティーの「みーこくらぶ」もどうぞよろしくウッシッシ


【ハナコのプロフィール】

1989年6月4日、現在21才の母親クロが我が家の押し入れで出産した5匹のうちの唯一のメス猫。

当時10匹(たまたまかくまってやった元ノラのメス猫が全く同じ日に5匹産んだ)もの猫がいたので、発情期を待たずに避妊処置したため子どもはなし。

命名は亡くなったばあさん。大正生まれだから、女の子は「ハナコ」だと決まった。たぶん「花子」でも良いのだろうけど、婆さん命名だからカタカナだと思われる。他の子もカタカナ名を付けるのが慣習だった。

若い頃は気性が荒く「気の強い女」。まさに名付け親さながらな性格(笑)
途中から我が家に居着いた唯一のオス猫のプータロなんか、完全に猫パンチパンチで一撃にしていた。

病歴は中年にさしかかったころの「膀胱炎」のみで、これを回避したらあとはひたすら健康だった。

カニカマが大好物だったが、老年期は缶詰めとカツオのなまり節、魚全般が好物。

17才ころから痴呆らしき症状が出始め、夜泣きが一時ひどかった。

と同時に性格もめっきり大人しくなり、みかんの被りものなんかしても怒らなくなる。

19才ころには完全に視力が衰え、ベッド程度の高さのジャンプも不可能になったが、帰宅したら行方不明で空の浴槽の中に落ちていたいわゆる「お風呂のハナコさん」事件があった。
これはいまだに謎に包まれたままである。

晩年は食べ物の匂いすらわからなくなったが、食欲だけは衰えず、そこに安心しすぎてしまった。

明らかな様子のおかしさに気づき2009年7月15日に受診を受けたところ、著しい脱水症状を起こしており、これがきっかけとなってしまい翌7月16日午後10時50分に息を引き取った。


痴呆か病気かの判断がつきにくい、老猫飼育の難しさを思い知る。


そろそろ、ばあさんに抱かれているのではないかと思われる。

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 2人
開設日
2009年7月17日

2747日間運営

カテゴリ
動物、ペット
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!