mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Joe Osborn

Joe Osborn

Joe Osborn

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2013年2月25日 16:26更新

「The mamas and the papas」「Johny Rivers」「Simon and Garfunkel」「The Carpenters」「Nell Young」「Carol King」など1000曲以上のTop40シングルに名を刻む伝説的ベースプレイヤー、ジョー・オズボーンを語るコミュニティです。
ベースマガジンみても載ってない、YouTube検索してもでてこない、だからこそこの場で情報交換しましょう。
LAKLAND Joe Osborn signature使用者の方もどうぞ。


ジョーオズ説明↓ジョー・オズボーンは“最初のロックンロール・ベーシスト”の異名を取る人物です。従来、カントリーやジャズのベース奏法をそのまま真似ていたロック・ベーシスト達でしたが、彼の登場によってロック独自の表現方法を手に入れることになりました。
ルイジアナ州出身のジョー・オズボーンは、1950年代中盤はギタリストとしてプロ・デビューし、デイル・ホーキンズのバッキングなどを努めていました。同郷のジェイムズ・バートンとはこの時期に知り合いになったようです。彼はその後、エレキ・ベースに転向したわけですが、このことがジョーのベース・プレイにリード・ギタリストのようなシャープさを与える原因になっているのでしょう。
持ち前の飛び跳ねるようなプレイと重心の低い安定感のあるプレイとの両立によって、ジョーのセッション・ベーシストとしての人気は高まり、どんどん忙しくなってしまったので、それを嫌った彼は1970年頃に、ギャラを2倍にすればオファーが減ると考え、実行したことがあります。ところが、これが全く効果がなく、彼へのオファーは増える一方だったと言いますから、彼のプレイに対する音楽関係者の信頼の深さがよくわかります。
結局、多忙の為に体調を崩してしまったジョーは、1974年にナッシュヴィルに居を移しました。この為、以後はカントリー系のセッションが多くなり、ケニー・ロジャース、リッキー・スキャッグス、ジョニー・キャッシュ、ハンク・ウィリアムズ・ジュニアなどのバッキングを担当しています。1990年には故郷のルイジアナに移っており、セミリタイア状態となっていますが、ごくたまに旧友に請われてロサンゼルスやナッシュヴィルに赴き、出張レコーディングを行っています。

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 9人

もっと見る

開設日
2009年7月17日

2699日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!