mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > アート > Stephen Wiltshire

Stephen Wiltshire

Stephen Wiltshire

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2012年8月14日 00:37更新

Stephen Wiltshire(スティーブン・ウィルシャー)
風景を見てすべてを記憶 サヴァン症候群の天才画家
http://www.stephenwiltshire.co.uk/drawings.aspx
|こちらで彼の作品を観ることができます。
http://www.stephenwiltshire.co.uk/gallery.aspx

-------(世界まる見え!テレビ特捜部での紹介文より。)

1989年のアカデミー賞作品『レインマン』。
ダスティン・ホフマン演じる自閉症の主人公が、ウェイトレスが落とした爪楊枝の本数を、ひと目見ただけで言い当てるというシーンがある。
今回は、劇中の主人公のように、わずか数分建物を眺めるだけで、窓の数はもちろん、細部に至るまで完全に記憶し正確に書き上げるという驚異的な能力をもつ、自閉症の青年スティーブン・ウィルシャーを紹介しよう。


イギリス・ロンドンにある、かつての王宮ハンプトン・コート宮殿。
様々な装飾が施された歴史ある宮殿を10分ほど眺めて自宅に帰ると、何の迷いもなくハンプトン・コート宮殿を描き始めたスティーブン。
まるで写真を見ているかのように装飾の細部に至るまで、たった1時間で見事に再現してしまった。
彼のように脳の発達障害と同時に、超人的な能力を併せ持つ者の事をサヴァン症候群と呼び、世界に100人ほどしかいない極めて稀な能力なのだ。
彼の能力は「直感像記憶」と呼ばれており、一度見た映像を細部まで記憶し、その記憶を長い間留めることができるというもの。


スティーブンが、この驚くべき能力を開花させ始めたのは6歳の頃。
6歳の子どもが描いたとは思えない精密な絵画が、瞬く間に評判になり、11歳の頃には、天才少年画家としてテレビでも紹介。
今では、ロンドンの一等地に自らの画廊を開くなど、一流アーティストの仲間入りを果たしているのである。


世界中を巡り作品を描いてきたスティーブンだが、やはり一番のお気に入りは故郷ロンドン。
スティーブンの夢は、ヘリコプターで大好きなロンドンの町並みを上空から観察し、ロンドンの町並みを描くこと。
飛行時間はたったの15分。
ロンドン中に無数に存在する建物を脳裏に焼き付け、記憶だけで縦1メートル、横4メートルの巨大キャンパスに大都市ロンドンの全景が描きだされる。
と、まるで地図のように正確な彼の絵に、専門家も舌を巻く。
そしてついに、スティーブンの作品が完成。
5日間、延べ25時間かけロンドンの巨大パノラマを見事に書き上げた。
自閉症でありながらも、驚異の記憶力を発揮するスティーブン・ウィルシャー。
彼はこれからも、素晴らしい絵画で我々の目を楽しませてくれることだろう。

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 12人

もっと見る

開設日
2009年7月13日

2705日間運営

カテゴリ
アート
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!