mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Larks' Tongues in Aspic

Larks' Tongues in Aspic

Larks' Tongues in Aspic

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年1月6日 22:15更新

Side A
Larks' Tongues In Aspic, Part One ( Cross, Fripp, Wetton, Bruford, Muir ) / 太陽と戦慄パート I
Book Of Saturday ( Fripp, Wetton, Palmer-James ) / 土曜日の本
Exiles ( Cross, Fripp, Palmer-James ) / 放浪者
Side B
Easy Money ( Fripp, Wetton, Palmer-James ) / イージー・マネー
The Talking Drum ( Cross, Fripp, Wetton, Bruford, Muir ) / トーキング・ドラム
Larks' Tongues In Aspic, Part Two ( Fripp ) / 太陽と戦慄パート II

David Cross Violin, Viola, Mellotron
Robert Fripp Guitar, Mellotron & Devices
John Wetton Bass & Vocals
Bill Bruford Drums
Jamie Muir Percussion & Allsorts
Produced by King Crimson

3人組とのクリムゾンの解体からわずか3ケ月後の1972年7月には本ラインナップが固まり、9月4日からフリップはリハーサルを開始している。 10月にドイツでのライブ、TV出演後、12月15日までイギリス・ツアーを行い、翌1973年1月から2月にかけて本アルバムをレコーディングしている。 レコーディング中に行われた、2月10日のマーキーでのギグにおいてミューアはゴングを足の上に落として負傷、そのままクリムゾンを脱退している。
本アルバムは、3月16日から7月2日まで続くイギリス、ヨーロッパ、アメリカ・ツアーの開始直後の3月23日にリリースされている。
タイトル曲のパート1である、” Larks' Tongues In Aspic, Part One ” は、ミューアによる複数のパーカション演奏から始まる。 約3分ものミューアの独演後、クロスのヴァイオリン、フリップの歪んだギターが重なり、超弩級の主題に繋がって行く。 フリップとウェットンの絡みを中心とした演奏が続いた後、クロスのヴァイオリンとミューアのパーカションが絡むパートに繋がる。 そして最後はクロスのヴァイオリンとフリップのギターによるリフに、ヴォイス・コラージュが被さり一瞬ピークを迎えた後、おとなしく終了していく。
目まぐるしく変わる曲調の中、終始パーカションとノイズを放出し続けるミューアも凄いが、やはり一番凄いのは全員による超弩級の主題。 クリムゾン史上最もハードで重量感のあるパートである。
” Book Of Saturday ” は、ベース、ヴァイオリン、ギターが、ウェットンのヴォーカルを損ねることなく、穏やかに絡んでくる。 ギターの逆回転を含め、フリップのバッキングの多彩さが際立っている。
不気味なノイズから始まる ” Exiles ” は、ヴォーカル・パート、フリーな演奏が続くパート、ヴォーカル・パート、メロトロンとフリップのウーマン・トーンのギター・ソロとの絡みと続き、焦燥感のある盛り上がりを迎えて終了する。 ヴォーカル・パートでの各楽器のバッキングは前曲を世襲しているものの、充実感は本曲の方がある。 ヴォーカルのバックで一瞬聞こえるフルートはミューアによるものと思われる。
” Easy Money ” は、イントロでの重量感のあるリフ、2回目のヴォーカル・パート直前のブルッフォードのドラム、2回目のヴォーカル・パートでのバッキング等聴き所もあるのだが、フリップのギター・ソロのパートが実は一番面白くなかったりする。
次曲の前奏曲でもある ” The Talking Drum ” は、静かなノイズの後、一定のリズムの上に、クロスのヴァイオリンとフリップのギターが徐々に重なっていく。 音圧自体も徐々に増していき、最後に金属音が一鳴きして次曲に繋がる。
” Larks' Tongues In Aspic, Part Two ” におけるフリップのるギター・リフは、彼のベスト・リフに挙げることができると思う。 パート1と同じく全編パーカションとノイズを放出し続けるミューア、各々がおかずを取り混ぜながらも見事なコンビネーションを見せるブルッフォード&ウェットン、フリップとのリフに絡んだりソロをとったりするクロス、フリップのギターのみならず全編聴き所ばかりの名曲だと思う。

 転用 http://www21.ocn.ne.jp/~crimson/crim3a.htm

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 9人

もっと見る

開設日
2009年7月12日

2707日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!