mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > ネーメ・ヤルヴィ

ネーメ・ヤルヴィ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年3月20日 04:56更新

1937年6月7日、ソビエト連邦エストニア共和国ターリンに生まれる。エストニアはバルト三国の1つで、革命前はロシア第一の工業地帯であったが、スウェーデンの占領下だった時代もある。その古都ターリンで育ったヤルヴィは、兄ヴァルロの影響を受けてターリン音楽院に進学。そこで打楽器と合唱指揮を学ぶ。ラヴィノヴィチに師事し、在学中からエストニア放送交響楽団の打楽器奏者として活躍。次いでレニングラード音楽院に進学。ムラヴィンスキーに師事する。1960年卒業。
1963年、エストニア放送交響楽団の音楽監督に就任。ターリン室内管弦楽団創設。
1966年、エストニア歌劇場の音楽監督・主席指揮者に就任。1979年まで務める。
1971年、ローマのサンタ・チェチーリア音楽院の国際指揮者コンクールにて優勝。
1973年、レニングラード・フィルと共に初のアメリカ演奏旅行。
1976年、エストニア国立交響楽団の主席指揮者に就任。
1980年1月、家族と共にアメリカに亡命。同年2月にはニューヨーク・フィルに客演。その後、ボストン響、フィラデルフィア管、サンフランシスコ響、ワシントン・ナショナル響などの各オーケストラに次々と客演。アメリカでの名声を得る。
1982年、スウェーデンのエーテボリ交響楽団に招聘され、音楽監督に就任。翌年にはスウェーデン国家賞を受賞。友好的に引退する2004年まで音楽監督を務める。
1984年、イギリスのスコットランド・ナショナル管弦楽団の音楽監督・主席指揮者に就任。シャンドス・レーベルによるCDでその名声を世界的な地位まで高める。
1990年、ギュンター・ヘルビッヒの後任としてアメリカのデトロイト交響楽団の音楽監督に就任。
以後、世界各国のオーケストラと精力的に活動を続けている。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 71人

もっと見る

開設日
2005年11月25日

4142日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!