mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > シーボルトの娘 オランダおイネ

シーボルトの娘 オランダおイネ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年3月18日 04:02更新

楠本イネ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

楠本 イネ(くすもと いね、文政10年5月6日(1827年5月31日)- 明治36年(1903年)8月27日)は、日本人で初めて女性で西洋医学を学んだ産科医。オランダ商館医、フィリップ・フランツ・フォン・シーボルトの娘である。「楠本」は母・楠本瀧の姓。

略歴

母の瀧(お滝)は、商家の娘であったが、当時、出島へ入る事が出来たのは遊女たちだけだったので「其扇(そのぎ)」と名乗り、遊女を装って出島に出入りしてシーボルトと結婚した。イネの出生地は長崎で、出島で生まれたという説があり、出島で居を持ったという。当時の出島の家族団欒の様子が川原慶賀の絵画に残っているが、父シーボルトは文政11年(1828年)、イネが2歳の時に国外追放された。

イネは、シーボルト門下の二宮敬作や石井宗謙から医学を学び、村田蔵六(後の大村益次郎)からはオランダ語を学んだ。安政6年からはヨハネス・ポンペ・ファン・メーデルフォールトから産科・病理学を学び、文久2年からはポンペの後任アントニウス・ボードウィンに学んだ。後年、大村が襲撃された後にはボードウィンの治療のもと、大村を看護し、その最期を看取っている。1858年(安政5年)の日蘭修好通商条約によって追放処分が取り消され、1859年に再来日した父シーボルトと長崎で再会し、西洋医学(蘭学)を学ぶ。父シーボルトは、長崎・鳴滝に住居を構え昔の門人や娘・イネと交流し日本研究を続け、1861年幕府に招かれ外交顧問に就き江戸でヨーロッパの学問なども講義している。

ドイツ人と日本人の間に生まれた女児として、当時では稀なmixed(ミックス)であったので差別を受けながらも宇和島藩主伊達宗城から厚遇された。1871年(明治4年)、異母弟にあたるシーボルト兄弟(兄アレクサンダー、弟ハインリッヒ)の支援で東京は築地に開業したのち、宮内省御用掛となり、明治天皇の女官葉室光子の出産に立ち会うなどなど、その医学技術は高く評価された。異母弟ハインリッヒとその妻・岩本はなの第一子の助産も彼女が担当した(その子は夭折)。その後、1875年(明治8年)に医術開業試験制度が始まり、女性であったイネには受験資格がなかったため、東京の医院を閉鎖、郷里・長崎に帰郷する。1884年(明治17年)、医術開業試験の門戸が女性にも開かれるが、既に57歳になっていたため合格の望みは薄いと判断、以後は産婆として開業する。62歳の時、娘一家と同居のために長崎の産院も閉鎖し再上京、医者を完全に廃業した。以後は弟ハインリッヒの世話となり余生を送った。1903年、食中毒のため東京の麻布で亡くなる。享年77。墓所は長崎市晧台寺にある。

イネは生涯独身だったが、石井宗謙との間に、娘の楠本高子がいる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A5%A0%E6%9C%AC%E3%82%A4%E3%83%8D
-------------------------------------
※楠本イネに興味がある、好きだという意思表示目的参加大歓迎。トピ立ては自由です。良識を持ってやり取りして下さい。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 11人

もっと見る

開設日
2009年6月28日

3090日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!