mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 映画 > ゼロの焦点 【広末涼子主演版】

ゼロの焦点 【広末涼子主演版】

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年8月29日 22:12更新

この映画が好きな人の集まり

オフィシャルホームページ

女優の広末涼子(28)が松本清張生誕100周年記念映画「ゼロの焦点」(犬童一心監督、09年秋公開)に主演することが8日、分かった。原作は昭和30年代前半の北陸を舞台に、時代の波に翻弄(ほんろう)される3人の女性の生き様に焦点を当てた社会派の傑作。広末は新婚まもなく夫が行方不明になったヒロインを演じる。物語の鍵を握る女性に中谷美紀(33)。豪華女優陣の“競演”によって、同作が48年ぶりによみがえる。

 広末、中谷ら豪華女優陣を迎え、松本清張原作の名作が復活する。

 「ゼロの焦点」は「サスペンス映画の巨匠」として知られた故・野村芳太郎監督が1961年に松竹映画でメガホンをとって以来48年ぶりの映画化。配給する東宝の09年ラインアップの目玉でもある。

 舞台は敗戦から10年が過ぎ、高度経済成長へと突き進む昭和30年代の日本。米国の占領統治下にあり、在日米軍を相手にした売春婦「パンパン」がいたという時代背景が重要なポイントになる。

 主演の広末は、新婚まもなく夫が行方不明になった女・禎子役。夫の失踪(しっそう)の謎を探るため、金沢へ向かい、真相を追求していく。

 役どころに「背負うものが多い作品なので、プレッシャーはあるがやりがいも感じている。清張作品の重厚さ、モノクロの中にある陰影がすごく印象的。そこをイメージしていきたい」。日本海の荒波、厚く重い雲、断がい絶壁といった冬の北陸が舞台となる。「立ち姿。特に断がい絶壁に立つ姿から受ける『悲壮感』そして『強さ』。そういったものを踏まえて演じたい」と広末。映画「おくりびと」が今年度のアカデミー賞外国語映画賞部門にノミネート。その演技は国内外で注目を集めており、本作で更なる飛躍を目指す。

 一方の中谷は、金沢の社長夫人の佐知子役。物語の重要な鍵を握る女性を演じる。映画「嫌われ松子の一生」では報知映画賞主演女優賞、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。主演映画「しあわせのかおり」の仏公開も決まるなど、その実力は申し分なし。中谷は「時代に翻弄された女性の情念を演じることを、楽しみたいと思います」と難役にも意欲。

 撮影はすでにクランクイン。石川県金沢市、能登金剛をはじめ、当時の風景を求め、全国各地で行われていく。4月にクランクアップ予定。

 ◆多江「ひたむき」 ○…3人目の女性は木村多江(37)。佐知子の夫が経営する会社の受付嬢・久子役を演じる。「ぐるりのこと。」でブルーリボン賞主演女優賞受賞など活躍が続くが、木村は「人に翻弄されながらも、その運命を受け入れていく今までにない役。清張(作品)の世界観を大切に、ひたむきに演じていきたい」。また、禎子の夫・憲一役を西島秀俊(37)、憲一の兄・宗太郎役を杉本哲太(43)、佐知子の夫で会社社長・儀作役を鹿賀丈史(58)が務める。

※トピックスは自由に立てて下さい なお不適切な場合は予告無しで削除しますのでよろしくお願いします。
※適正なコミュニティリンクは自由に行って下さい。節度を持ってお願いします。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 9人

もっと見る

開設日
2009年6月23日

2836日間運営

カテゴリ
映画
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!