mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > サークル、ゼミ > メガラニカ

メガラニカ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2010年10月23日 20:44更新

★ゆとり乙

★Tバック

★ロリータ

★淫乱女教師

★小生アルティメットクラッシュ



ひとつでも当てはまる人は、是非御参加頂きますよう、
お願い申し上げます。
そんな方たちのためのメガラニカです。

もしマイミクがいらっしゃった場合は、是非御参加頂きますよう、
お願い申し上げます。
そんな方たちのためのメガラニカです。

御自身のマイミクも誘って頂きますよう、
お願い申し上げます。
そんな方たちのためのメガラニカです。


汗はかくが、飲み足りない。
ケツの穴は丈夫だが、足りない。
ゆとり教育。


所在:南極を中心とした南半球の大部分。
出展:古代ギリシャ。世界が球体である(地球)とすると、(当時知られていた)大地は北半球に集中していたため、南半球は海洋ばかりとなり、バランスが悪い。南半球にも巨大な大陸が存在すると仮定すれば、地球のバランスが取れるとして考え出された。別名、未知の南方大陸(羅、Terra Australis Incognita)。
存在時期:現在。「滅びた大陸」ではなく、「発見されていない」とされた大陸。なお、南極には実際に南極大陸が存在するが、伝説とは関係なく、偶然。
世間の認識:アフリカ以南・南米以南まで探検が行われるようになる大航海時代まで実在説は存続し、オーストラリア大陸の北側が発見された当初はメガラニカの一部であるとされたほどである。日本にも架空の「墨瓦臘泥加」が書き込まれた世界地図がいくつか残っている。その後、オーストラリア大陸が南極まで及んでいない事が分かると、メガラニカの存在は否定され、地図からも消された。さらに後に南極大陸が発見されることになる。
南極大陸の存在を知っている現代人の知識からすると、「南極大陸が古代より知られていた」ように見えるため、メガラニカの実在否定から南極大陸発見まで一時的に世界地図から「南極大陸が消えている」ように見えることから、「南極大陸の知識が一時期封印された」といったような陰謀論を唱える者がいる。しかし、オーストラリア大陸がメガラニカの一部であると考えられていた事実から分かるように、メガラニカは南極大陸よりはるかに巨大な大陸を想定していたのであり、南極大陸の存在はむしろ偶然である。また1929年にトルコで発見された羊皮紙によるピリー・レイスの地図には、南極大陸らしき大陸が載せられているが、出展時期としては疑問視されている。この大陸が、メガラニカであるという証拠はどこにもなく、関連性も否定されている。
Australisの名前だけが「オーストラリア」に残った。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア』

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

イベント

参加メンバー 10人

もっと見る

開設日
2005年11月23日

4112日間運営

カテゴリ
サークル、ゼミ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!