mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 非線形科学『思想哲学』 心学

非線形科学『思想哲学』 心学

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年2月25日 02:19更新

【検証能力】の意味を含むと『事前の策』が思想哲学になるのか?

前タイトルは“事前の策『思想哲学』無意識”でしたが ゆえあって“心学”と“非線形科学”の思想哲学としました。

◎哲学は 真理であったり 因果関係であったり 機能であったり 存在であったり 神であったり ・・時代によっても 社会によっても 進化によっても、その様に意味を変えて存在する。
哲学は 意味を変えて存在しています。解かりにくいはずです、面白いはずです。

◎思想哲学の入り口にあるものは・・・感情と理性と言う意識(心)を認識する事が 思想哲学の諸問題を見つめる為の そもそもの入り口になります。
これを言い換えると「無意識の領域から冴える」と言う意味になると考えています。
例えば「職人技」「プロの技」と言う事でリアルに目にする事が出来ます。
それは・・光が、【波の性質】と【粒子の性質】を併せ持っている事と似ています。
意識が 【感情=波の性質】と【理性=粒子の性質】を併せ持っていると考えられるし、感情には大きな振幅を比喩で現してもいます、実際に脳波を波形で表してもいる事にその意味を重ね合わせても面白いと思います。

真宰(しんさい)(根源)は 存在するのか。これは 大昔から 永遠のテーマだと考えられているものです。
光が【波の性質】と【粒子の性質】を併せ持っているように、万物の根源は 複数の真宰(しんさい)から【生まれたる物】だと考えられる根拠があるように思う。こういう意味で、フラクタル理論も根拠になるのかもしれない。


この思想哲学には 人間に共生しているミトコンドリアの命も意識しています。
『大人の中でも 成長した心にだけしか存在しえない』とも言える様な『検証能力』を含んで、それではじめて『思想哲学』になりえると考えるからです。 

思想哲学のコペルニクス的転回なのです。この言葉をカントは 自らの哲学書の中で 比喩的に言っています。皮肉にも、カント理性の認識の欠陥が 自らが天動説を唱えている事になるかもしれません。 

『事前の策』が 思想哲学のコペルニクス的転回であり 思想哲学の世界では地動説に当たるかもしれません。貴方は それを検証する機会を持つかも知れませんねぇ。
              
『事前の策』が思想哲学としては、っと言う事を仮説として考えています。これもIT社会ならではなのですけど、兆速をもって 進化していくと考えています。

『事前の策』とは 現代社会の矛盾を『昇華』させて 文化文明と言える『人間の特性(本質)』を 誰でもが把握もしくは捉えられる事だからです。

こう言うのが ポストモダン社会以降の 全てに通じる社会の概念に必要な概念になると思う人達の集うコミュニティーになればと思っています。

絶対に必要不可欠な意識的「ブレンド マインドス(blend minds)」意識して「心を混ぜる」と言う事です。ブレンド米(まい)ではありませんけどねぇ。

未来社会の社会規範である憲法や法律に必要不可欠な概念だと考えています。 

『事前の策の概念』に必要な要件 何故ならば 現代社会の矛盾を『昇華』させる意味を持つからです。

一、無意識の領域(記憶・記録・社会・自然等々)
一、潜在意識の領域(記憶・記録・社会・自然等々) 
一、人生は喜怒哀楽なので 楽しくすごしたいと思っている事
一、理性的と感情的な両面の思考と行動のどちらの状態でも両立を考える
一、夢や理想と現実の理性的と感情的のどちらの状態でも両立を考える
一、六感を含む感覚と記憶・記録・社会・自然等々の「超弦理論」的関係性

二、愛=好きと言う感情+支えると言う行為(人生の経験あっての事)、この「愛」は「事前の策の概念」と組み合わせる事で健全な社会が営まれると考えています。

この分野の思想哲学を聞いた事がありません。だから 凄い事になるかもッと思う人達が集うコミュニティーにしたいのです。

「事前の策の概念」を「※支える」のがIT技術を駆使したIT社会・ネット社会になると考えています。このIT社会でしか実現できない事なんです。

これが人類の進化発展してきた文化文明の持つ「本当の証」と考えられると考えています。

※支える・・ 私は この「支える」と言う意味に「愛」と言う言葉を持たせて考えたいと思っています。
例 愛国心 家族愛 恋愛・・ ここで使われる「愛」には「支える」と言う意味を持たせると、抽象的な意味から→具体的な意味をイメージできると思います。
それは、支える行為は 人生の経験があってできる事だからです。もし 人生の経験がなく その行為も人生と言えないならば「奴隷(無償の愛)」と言えるからです。

愛の主人公達が 「愛」と言う言葉を 相互間で 主観的なものから客観的な物へと「具体的・現実的」な事で確認し合える事です。 
事前の策の概念と両立させられれば 心の捉え方の健全な社会が営まれる状態へと意識ができると考えられるからです。

IT社会が 私達人間と「愛」と言う言葉を持って結びつく事になります。
実は 私達の「文化文明」も「愛」と言う言葉で結びついてこそ、これが文化文明社会と言えると、こう考えています。

『心』の哲学を探求し 語り合いたい人達のコミュとして活用していただきたいと思います。

面白い方大歓迎です。何方(どなた)でも 大歓迎です。

新規にトピックを作るにあたって
☆【一心・裏一心】++批判や反対意見がNO! のトピには【一心】を初めに付けてください。
☆【多心・裏多心】++批判や反対意見もOK! のトピには【多心】を初めに付けるかつけてないトピにしてください。

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 6人

もっと見る

開設日
2009年6月13日

2778日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!