mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > 若杉 弘

若杉 弘

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2013年7月25日 20:31更新

最近、シュターツカペレ・ドレスデンという本の巻末の推薦CDリストに若杉弘のマーラー「巨人」が載っていて、中古ショップで、ブルックナーの2番と一緒に見つけ、聴いて大感動して、コミュニティを検索したらでてこなかったので、コミュを作りました。詳しい方、いろいろ教えてください。

【プロフィール】
若杉 弘(わかすぎ ひろし、1935年5月31日 - )。ニューヨークに生まれる(実父が当時、外務省駐米ニューヨーク総領事を務めていた為)。慶應義塾大学経済学部へ入学し、経済学を学びつつ混声合唱団楽友会に所属、音楽への思いを断ち切れずに中退し、1963年に東京芸術大学指揮科で伊藤栄一らに師事。卒業後すぐにNHK交響楽団指揮研究員となり、カイルベルト、ロイブナー、マタチッチ、サヴァリッシュ、アンセルメ、マルティノン、エレーデなどの薫陶を受ける。1963年3月に東京交響楽団を指揮してデビューした。

1977年にケルン放送交響楽団首席指揮者就任。以後は海外に活躍の場を広げ、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団、バイエルン放送交響楽団、ボストン交響楽団、モントリオール交響楽団などに客演したり様々な要職を得るなど、クラシック音楽の中心地とも言えるドイツ語圏でアジア人指揮者の地位確立に貢献した一人である。

オペラ指揮者としての経歴は、ドイツにおいてライン・ドイツ・オペラ(デュッセルドルフ/デュイスブルク)音楽総監督(GMD)、ドレスデン国立歌劇場およびドレスデン・シュターツカペレ常任指揮者、バイエルン国立歌劇場指揮者などの要職を歴任し、日本でも東京室内歌劇場芸術監督、新国立劇場芸術参与、滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール芸術監督を歴任するなど、世界でも一流のキャリアを持つ。ドレスデン国立歌劇場における常任指揮者の最後の1年は国立歌劇場音楽総監督(GMD)も務めた。2007年9月より新国立劇場の芸術監督に就任(任期は2010年8月まで)。

コンサート指揮者としては、前述のケルン放送交響楽団首席指揮者のほか、1965年に読売日本交響楽団常任指揮者、1986年から1995年まで東京都交響楽団音楽監督(1987年より首席指揮者兼務)、1987年から1991年までチューリヒ・トーンハレ協会の芸術総監督(1988年よりチューリヒ・トーンハレ管弦楽団の首席指揮者兼務)などを務めた。

芸術選奨文部大臣賞、日本芸術院賞、朝日賞、毎日芸術賞、サントリー音楽賞、N響有馬賞ほか受賞多数。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 9人

もっと見る

開設日
2009年6月12日

2992日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!