mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > ばびぶBayBones

ばびぶBayBones

ばびぶBayBones

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2009年9月2日 18:46更新

1996年の秋に結成。

ジャンプブルースの原曲に
メンバーが日本語で歌詞をつけ
老若男女に聞いて頂けるバンドです。

キュンと切ない歌もあり
ガツンとハードな曲やムーディーな曲などなど
現場に合わせて選曲致します。

パーティーやイベント等のご依頼も多いので
気軽に声をおかけ下さい!!
(皆、働き盛りなのでスケジュール合わなければごめんなさい。。)

メンバーは
かどりょうま(ボーカル)4●歳
左川 哲嗣(ギター)3●歳
坂田 喜彦(ウッドベース)5●歳
宮田 賢明(トランペット)2●歳
北島 学(サックス)4●歳
津山 壽(サックス)5●歳
米戸 大志(トロンボーン)3●歳
永田 恵理(ピアノ)●●歳
松田 利治(ドラム)5●歳

皆、こういうのにうといので
告知用に1人で始めてみました。笑

公式HP
http://www.geocities.jp/bonesblues/

【ジャンプブルースとは】
1930年代、伝統的なブルースやブギの要素を大きく取り入れ、ホーン・リフを強調するなどして肉体的な躍動感や生々しい感覚、それが「ブラック・スウィング」=「ジャンプ・ブルース」である。

ジャンプバンドの最大の特徴の一つはホーン・リフにあるが、その源はカンザス・シティを中心とした中西部のビッグ・バンドにあると考えられる。
カウント・ベイシーやジェイ・マクシャンらの楽団が代表的。

30年代後半から40年代にかけて登場したジャンプ・バンドの中で、特筆すべきものにラッキ・シリンダーとライオネル・ハンプトンの楽団があり、R&B時代の先駆けとなる音を作っていた。

30年代末に一人の偉大なシンガー、サックス奏者、バンドリーダー、エンターティナーであるルイ・ジョーダンが登場する。
まずそのグループであるティンパニー・ファイヴはスモール・コンボであったというのが革新的。ビッグ・バンドに対抗し十分なジャンプ力を持たせ、また軽妙洒脱な音を作り出す。また、「俺がブルースをジャンプさせた」という名言も残している。

その他、偉大なジャンプシャウター、ジャンプギタリストの名前だけ載せておくと、ワイノニー・ハリス、ロイ・ミルトン、ロイ・ブラウン、ジョー・ターナー、ジョー・リギンス、ジミー・リギンス、エイモス・ミルバーン、セシル・ギャント、ジミー・ラッシング、エディ・”グリーンヘッド”・ビンソン、タイニー・ブラッドショー、ジミー・ウィザースプーン、ジミー・プレストン、タイニー・グライムス、ゲイト・マウス・ブラウン、ジョニー・ギター・ワトソン、ゴリー・カーター他

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 5人

もっと見る

開設日
2009年6月8日

2737日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!