mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > その他 > 劣化ウラン弾を無くそうの会

劣化ウラン弾を無くそうの会

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年2月28日 22:18更新

みなさんは『劣化ウラン弾』というものをご存知でしょうか

これは
弾の真ん中に劣化ウランを使用した弾丸をいいます。アメリカ軍が今も盛んに戦争で使用しています。
主に、対戦車用の砲弾として使われます。
劣化ウラン弾は目標の装甲板に侵徹する過程で先端部分が先鋭化しながら侵攻する自己先鋭化現象(セルフ・シャーピング現象)を起こします。このため一般的な対戦車用砲弾であるタングステン合金弾よりも高い貫通能力を発揮し、劣化ウランの侵徹性能は密度の違いも含めてタングステン合金よりも10%程優れているといわれています(wikipedia)


また、比重が19ととても重く、例えば鉄と同じ体積で考えると、鉄の約2.5倍の質量となります。コップ一杯、200?の水と比較すると、同じ体積で約4kgにもなります。
タングステン合金は、比重が18なので、同じ速度で打ち出せば勿論より多くの運動エネルギーが得られます。


そしてなによりも、タングステンは高価な稀少金属であり、廃棄物である劣化ウランは極めて安価です。劣化ウランはタングステンの10分の1ほどの価格です。(実際軍と取引されている価格は同じですが)

上記したような事実だけを見ると、とても効率のよい武器に思われると思います。
しかし、この弾頭に対する論点となるのは攻撃力でも、コストなどでもなく、放射能をもった武器であるということです。

この劣化ウラン弾が戦車に着弾すると、劣化ウランは高温状態になります。
劣化ウランが1200℃を超えると燃焼し、酸化ウランの微粒子となります。そして、周囲に飛散します。

また、これが体内に取り込まれた場合、内部被曝を引き起こす可能性があります。

内部被曝を起こした場合、発ガン、または子孫に遺伝し奇形児や白血病の子供が生まれてきくるといった可能性が高まります。

アメリカやWHOはその事実を否定しています。
『科学的な根拠がない』と
他国どころか使用国であるアメリカの兵士にも被曝し、指がない子供が生まれている人がいるという事実があるのに。


信じられますか?


絶対になくすべきではないでしょうか。
ベトナム戦争で使用された枯れ葉剤の経験が全く活かされていないと私は思います。

私はまだまだ無知で
上に書いてあることに間違いがあるかも知れません。


しかしそれでも私は少しでも多くの人に、劣化ウラン弾がもたらしている甚大な被害を知ってもらいたいとおもいます。

興味をもたれたかた、多少なりとも劣化ウラン弾に対し嫌悪感を抱いた方がいましたら、是非参加してください。

参考サイト:

劣化ウラン弾-Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A3%E5%8C%96%E3%82%A6%E3%83%A9%E3%83%B3%E5%BC%BE

劣化ウラン弾解説 
http://www9.ocn.ne.jp/~petro/bombud.htm

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 64人

もっと見る

開設日
2009年6月5日

2854日間運営

カテゴリ
その他
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!