mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Simon Webbe

Simon Webbe

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年3月15日 12:11更新

Simon Webbeの音楽が大好きな人のコミュです!
昔から知ってる人も最近知った人もぜひ参加してください^^


☆オフィシャルサイト☆
http://www.simonwebbe.net/

Mediaというところでデビューアルバムの視聴できます!


---Simon Webbe---

若干26歳にしてSimonは他のどのアーティストよりも音楽業界での経験をつんでいる。BLUEのメンバーとして、彼はUKだけでなく全世界で記録的なセールスをあげている。BLUEは950万枚のアルバムセールスと350万枚のシングルセールスを記録した。

Simonは、幼少時代の教会音楽との出会いが彼の音楽に最大の影響を与えたと語っている。幼い頃、Simonの母親は彼を教会に週に4日以上連れて行った。そこでSimonはゴスペルを歌い、ハーモニーを習った。8歳の頃、彼は母親にエンターテイナーになりたいと伝えた。”きっと俺は何をしてもうまくいくはずだ”と。学校では、演劇に夢中になり、Simonは数々の賞を得た。

Simonの家では、BillWitners、BobMarlyなどの数々ソウルフルな音楽が流れていて、彼はいつも音楽に包まれていた。”僕はいつも音楽を聞き、曲を書き、自分で歌ったりして育ったんだ。いつも音楽を作る事への情熱を持っていた”と彼は語っている。

しかしながら、10代前半の頃の彼は、プロのサッカー選手になる事が夢だった。毎日のようにサッカーの練習に明け暮れた。LiverpoolやAstonVillaといったクラブチームからのスカウトを受けていたが、17歳の時、試合中に靭帯を断絶してしまうという悲劇が起こる。この事故により、彼のサッカー選手としての道は絶たれてしまう。

その後、彼は音楽業界への道を歩む事を決める。

Simonは将来のために曲を書きながら、歌手として、またラッパーとしての数々のオーディションを受け始める。Simon19歳、1998年、彼はあるモデルスカウトの目に留まる。彼はSimonをある雑誌の“Face of the Year”コンテストに推薦した。彼はそのコンテストで優勝し、モデルエージェンシーとの契約を結ぶ。

モデルとしての成功の道を歩み始めた後も、Simonは歌手になるという情熱を忘れてはいなかった。その後もオーディションを受けつづけ、Simonは Duncan James, Lee Ryan and Antony Costaに出会い、BLUEを結成する。

2000年、BLUEはUKの主要なレーベルのひとつであるInnocentRecordsと契約を結び、2001年の5月、デビューシングル”All Rise”を発表する。この瞬間からBLUEは成功への道を確実に歩み始める事になる。

BLUEはSimonに彼の生まれ持ったミュージックライティングの才能をさらに発展させる機会を与えた。SimonはBLUEのヒット曲、‘All Rise’、‘Fly By’、‘One Love’等の楽曲を手がけており、”All Rise”でも6曲の製作に携っている。また、その後のアルバムではそれ以上のトラックを手がけている。

ソングライティングについて彼は、”出かける時はいつもレコーダーを欠かさず持ち歩く事にしている。メロディーやリリックのアイディアはいつ沸いてくるか判らないからね。いつでも用意はしておかないと”

2005年に彼はInnocent Recordsとソロ契約を結ぶ。

Simonのソロデビューアルバム、‘Sanctuary‘では、Simonのよりソフトなでソウルフルな声や、美しい歌詞、そして美しいメロディーといった新しい一面を見ることができる。

Simonは彼の音楽についてこう説明している。”僕はUK R&Bは作りたくなかったんだ。もうUserやMarioがいるし、彼らはとてもすばらしい音楽を作っている。僕はそのルートとは違うルートを歩む事にしたんだ。自分のサウンドをね。すべてはメロディーなんだ。僕は自分のサウンドを”urban folk”と呼んでいる。ソウルフルなヴォーカル、アーバンビート、それとアコースティックギターのMIXだね。

Simonは9ヶ月間かけてファーストアルバムを完成させた。”Sanctuary”は12曲のすばらしいPOPソングからできている。ヒット曲”Lay Your Hands”から始まり、セカンドシングル”No Worries”、さらにアコースティックチューンの”After All This Time”と続く。ソウルフルでアップリフティングな”A Little High”、カントリーファンクの”Unjustified”、ささやくような美しい”Free”、そして”Sanctuary”と続き、カリビアン音楽を影響を受けた”Star”で締めくくっている。

Simonは”Lay Your Hands”について下記のように語っている。”この曲はBill WIthersのGrandma's Handsに影響されて作った曲なんだ。僕はあの曲の感覚が大好きでね。Lay Your Handsは僕みたいな、いつでも誰かに助けを求めてるような男の曲なんだ。だれかが抱きしめてくれたり、手を差し伸べてくれるだけでとたんに元気がでてくるだろ?”

また、Simonは5年間もメンバーと共に活動をした後にソロになる事がとても不安だったと語っている。”スタジオでもステージでもいつでもいつも4人一緒だったんだ。でもこれからは僕一人。自分を活かすも殺すも自分次第ってことさ。不安ではあるけどこの責任感はステキだよ。”

彼はまた、8歳の娘の父親でもある。”父親でいるという事もとても大きな責任感を感じているよ。僕は真剣に父親でいることを考えているし、娘もそれをわかっていてくれていると信じている。”

彼のデビューシングル”Lay Your Hands”はUKだけでなく全世界ですばらしいセールスを記録している。セカンドシングル”No Worries”、そして11月7日に発売されるソロデビューアルバムは新たなソロスーパースターの誕生を世界中に知らせる事になるだろう。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 175人

もっと見る

開設日
2005年11月21日

4408日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!