mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 芸能人、有名人 > 筆談ホステス 斉藤里恵

筆談ホステス 斉藤里恵

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年6月18日 08:25更新

斉藤里恵さいとう りえ 1984年、青森県生まれ。

病気の後遺症で1歳10ヶ月で聴力を完全に失う。
成長し青森一の不良娘と呼ばれるまでの問題児となるが、
接客業の楽しさに目覚め、水商売の道に進む。
筆談を駆使した独自の接客で2年前からは銀座の
クラブで人気ホステスとして活躍中

『筆談ホステス』

聴覚障害を持つ青森一の不良娘が独自に編み出した
“筆談術”だけで銀座NO.1ホステスに成り上がる
苦闘のすべてを描いた感涙必至の青春ストーリーです。

青森の厳格な家庭に生まれ育った里恵さんは現在25歳。
幼少時の病気が原因で聴力を完全に失いました。
聴覚障害に端を発したトラブルなどからしだいに落ちこぼれ、
酒、タバコ、盗みとおきまりの転落コースをたどった
彼女が見つけた生き抜くための職業、それが“筆談を駆使した
”ホステスの仕事です。かたわらに常備したメモ帳とペンを
巧みに使い、数々の夜の世界のワナをすりぬけ、
健常者以上の売り上げをうみ出す「筆談ホステス」と
呼ばれるようになるのに、そう時間はかかりませんでした。

そんな里恵さんの“紙とペンを使った接客だからこそできる
繊細な表現”や、“お客さんたちとの筆談のやり取りの中で
実際に登場した名言集”は愛の言葉のシャワーとなりすべて
の人々に癒しを届けます。彼女が培った独自のコミュニケーション術は
このギスギスした時代にいちばん必要とされるスキルのはずです。

また、勤務している銀座のクラブでの実際の接客風景のカラーグラビア写真や直筆の筆談語録もふんだんに収録しています。

私のマイミクさんの一人が製作スタッフを担当している
ろう者の銀座ホステスさんの情報をお届けいたします

『筆談ホステス』の著者の斉藤里恵さんのサイン会&握手会が行われます
お友達をたくさん誘って遊びにきてください!
プロモーション活動にも力を入れています。

発売中の『女性自身』6月2日号142ペ−ジで本人が取材を受けていますので、よかったらご覧ください!
又フジテレビのスーパーニュースでも20分のドキュメンタリーを放送していただけることが決まりました。
斉藤さんは日本で唯一のろう者の銀座の高級クラブのホステスさんです。
TV放送日は後日お知らせします

青森の厳格な家庭に 生まれ育った里恵さんは現在25歳。幼少時の病気が原因で聴力を完全に失い、聴覚障害に端を発したトラブルなどからしだいに落ちこぼれ、酒、煙草、盗みとお決まりの転落コースをたどった彼女が見つけた生き抜く為の職業、それが“筆談を駆使した”ホステスの仕事です。かたわらに常備したメモ帳と ペンを巧みに使い、数々の夜の世界のワナをすりぬけ、健常者以上の売り上げをうみ出す「筆談ホステス」と呼ばれるようになるのに、そう時間はかかりませんでした。そんな里恵さんが自らの半生を綴った5月21日発売『筆談ホステス』は感涙必至の青春ストーリーです。当日は文中にも登場し、著者がビジネスの師と仰ぐ株式会社スワン・海津歩社長の「障害者と共に働くこと」をテーマにしたミニ講演会も行います。

※応援コミュですので、斉藤さんご本人が読まれることを前提に適切なコメントをお願いします。

コミュニティにつぶやきを投稿

loading

参加メンバー 2638人

もっと見る

開設日
2009年5月21日

3014日間運営

カテゴリ
芸能人、有名人
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!