mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > John McGahern

John McGahern

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年2月23日 03:02更新

**********************************************

ジョン・マッギャハンのコミュニティです。
柴田元幸が翻訳・編集した短編集の中に掲載された
「僕の恋、僕の傘」を読んで、この作者を知りました。
この作品を心の底から好きなだけで、全くの無知です。
彼を知っている、彼の作品が好きである、大学の授業で
使われた、なんでもよいです。
気になった方は参加してみてください。


彼の作品がもっと翻訳されますように。


**********************************************

■John McGahernの読み方いろいろ
…ジョン・マクガハン
…ジョン・マッギャハン
…ジョン・マックガハーン

■経歴
1934年アイルランドのダブリンに、警察官の父と小学校教諭の母との間に生まれる。大学を卒業後、小学校教員となる。1963年「TheBarracks」で作家としてデビュー。1965年の第二作「青い夕闇」が発禁処分を受け、教員の職を失い、ロンドンに出て、臨時教員や建築現場の労働者として働く。スペイン、アメリカなどを転々としたすえ、1970年代にアイルランドに帰国、再び小説の執筆を始める。著作に6つの小説と4つの短編集がある。これまでに、Irish American Foundation Award (1985)、Chevalier d'Ordre des Arts et des Lettres (1989)、Prix Étranger Ecureuil (1994)などを受賞。「Amongst Women」(1990)でアイリッシュ・タイムズ賞などを受賞、またイギリスのブッカー賞の候補作にもなった。1991年にはダブリン大学トリニティ・カレッジから名誉博士号を授与され、「The Power of Darkness」が、ダブリンのアビー劇場で初演された。最新作「That They May Face the Rising Sun」を出版したのち、家族の思い出について執筆。彼の作品は多くの言語に翻訳されている。現代アイルランドを代表する作家の一人である。2006年春、逝去。

■主な出版物
長篇小説:
The Barracks(1963)
The Dark(1965)
The Leavetaking(1974)
The Pornographer(1979)
Amongst Women(1990)
That They May Face the Rising Sun/By the Lake(2002)
短篇小説:
Nightlines(1970)
Getting Through(1978)
High Ground(1985)
The Collected Stories(1992)
戯曲:
The Power of Darkness(1991)
回想録:
Memoir(2005)

■日本語に翻訳されている出版物
・青い夕闇 [The Dark]
・男の事情女の事情 [The Collected Storiesから15篇]
・小道をぬけて[Memoir]

**********************************************

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 12人

もっと見る

開設日
2005年11月19日

4409日間運営

カテゴリ
本、マンガ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!