mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 車、バイク > ロールス・ロイス ゴースト

ロールス・ロイス ゴースト

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年7月7日 01:24更新

ロールスロイスは6日、15日に開幕するフランクフルトモーターショーで新型車『ゴースト』を正式発表することを明らかにした。ゴーストはロールスロイスのクラフトマンシップとBMWの最新技術が生み出した新世代の超高級サルーンである。

ゴーストは、今年3月のジュネーブモーターショーでコンセプトカー『200EX』として初公開。現行『ファントム』よりもひと回り小さいボディを持つロールスロイスの新シリーズを提案する。ゴーストの車名は、1906 - 25年に生産されたモデルに由来している。

ボディサイズは全長5399×全幅1948×全高1550mm、ホイールベース3295mm。ファントム(全長5835×全幅1990×全高1655mm、ホイールベース3570mm)と比較すると、436mm短く、42mm狭く、105mm低い。ホイールベースは275mmコンパクトだ。

ファントムよりもひと回り小さいとはいえ、そのルックスは堂々としたもの。ロールスロイスの高級サルーンとしての伝統と、新時代のダイナミクスを巧みに融合したデザインを完成させた。流れるようなボディラインは大型ヨットがモチーフ。ボディカラーは全12色が用意されており、ボンネットのみシルバーサテン仕上げとすることも可能だ。

室内はロールスロイスらしいクラフトマンシップにあふれる仕上がりで、レザーは5種類、ウッドパネルは4種類を設定。リアドアが逆ヒンジで開閉するのはファントムと同様で、高い乗降性を実現している。

エンジンは新開発の6.6リットルV12ターボ。最大出力は570ps/5250rpm、最大トルクは79.5kgm/1500rpmを発生する。ファントムの6.75リットルV12(460ps、73.4kgm)を上回る、現行ロールス最強のスペックが与えられた。

ZFと共同開発した8速ATとの組み合わせにより、0-100km/h加速4.9秒、最高速250km/h(リミッター作動)という一級のパフォーマンスを発揮。欧州複合モード燃費は7.35km/リットル、CO2排出量は317g/kmと、ロールスロイスとしては、最も環境性能に優れる。排出ガス性能はユーロ5に適合させた。

足回りは4輪マルチリンク。これに4輪独立制御のエアサスを組み合わせる。アクティブロールスタビリゼーションやバリアブルダンピングコントロールといった最新技術を盛り込み、最高の乗り心地とロードホールディング性能が追求される。

このエアサスは車両の各部に設置したセンサーが、4輪にかかる荷重を2.5ミリセコンドごとにチェック。例えば、後席の乗員が右端から左端に移動すれば、それを計算して減衰力を調整する。さらに、25mmの車高調整機能を備え、乗降性を引き上げている。

安全面では、DSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)をはじめ、ダイナミックブレーキコントロール、コーナリングブレーキコントロール、ACSM(アドバンスド・クラッシュ&セーフティ・マネジメント)などを標準装備。オプションで、ナイトビジョン、レーンディパーチャーウォーニング、ハイビームアシスタンスなどが用意される。

新型ゴーストは、今年後半に英国グッドウッド工場で生産を開始する。価格は、英国が16万5000ポンド(約2520万円)から、欧州が21万3000ユーロ(約2840万円)から、北米が24万5000ドル(約2285万円)から。英国と欧州では年内に、北米や日本を含むアジアでは2010年4月以降に、納車がスタートする。
 日本価格は、2900万円。デリバリー開始は2010年春頃が予定されている。

ロールス・ロイス・モーター・カーズは10月1日、ロールス・ロイスの新型車“ゴースト”を発表、同日予約受付を開始した。

 ロールス・ロイス ゴーストは、今年3月のジュネーブショーで、“200EX”の名でその登場が示唆されていたブランニューモデルだ。位置づけは、既存のファントムが、いわゆるショーファードリブン(運転手付きで乗るクルマ)としての色彩が強いのに対し、ゴーストは、ユーザーが自らステアリングを握り、運転を愉しむことのできるモデルとされる。

 ファントムとの対比から、“ベイビーロールス”と呼ばれることもあるゴーストだが、実際はベイビーというほど小さくはない。サイズは、全長5399mm×全幅1948mm×全高1550mm、ホイールベースは3295mmあり、多くのプレミアムLクラスより大きい。

 パルテノン神殿をモチーフとした大型のラジエターグリルやコーチドアなど、ロールス・ロイスの伝統的な要素を受け継ぐ部分と、コンテンポラリーなデザインとの融合がひとつの特徴といえる。

 搭載するエンジンは、排気量6.6リッターV12ツインターボ。その昔なら排気量は6.75リッターとするのが「お決まり」だったが、そういった点に固執せず、ファントムのスペック(6.75リッターV12・460ps)をあっさり上回った。

 最高出力は570ps/5250rpm、最大トルクは79.5kg-m/1500rpm。このハイパワーユニットに、8ATを組み合わせ、2360kgのボディをわずか4.9秒で100km/hの世界へと導く。

 ドライバーズカー的な要素と同時に、後席の乗員をもてなす装備も追求されており、マッサージ機能やベンチレーション機能を備えたラウンジタイプのリアシートが設定される。

 サスペンションは、フロントがダブルウイッシュボーンで、リアがマルチリンク。エアサスペンションに電子制御ダンパーを組み合わせた足まわりである。

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 404人

もっと見る

開設日
2009年4月20日

2835日間運営

カテゴリ
車、バイク
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!