mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > アート > ギヨマン

ギヨマン

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年9月3日 22:38更新

アルマン・ギヨマン(1841年2月16日 - 1927年6月26日)は、フランス印象派の画家、リトグラフ版画家。ギヨーマン、ギョーマンとも表記される。

本名はジャン=バティスト・アルマン・ギヨマン(Jean-Baptiste Armand Guillaumin)で、パリの生まれ。叔父の経営するランジェリー・ショップで働きながら、夜にスケッチのレッスンに通った。フランス政府鉄道でも働いていた。1861年、スイス・アカデミーで勉強をはじめるが、そこで終生の友となるポール・セザンヌ、カミーユ・ピサロと出逢った。ギヨマンがまだ何の名声も得ていなかった頃、彼らの作品にギヨマンが与えた影響は意義深いものがある。セザンヌはギヨマンの描いたセーヌ川のはしけの絵を元に、最初のエッチングを試みたのであった。

1863年、ギヨマンは落選展に出品し、後に友人となるフィンセント・ファン・ゴッホの弟テオがギヨマンの絵を数点購入した。

強烈な色彩に定評があり、世界中の美術館がギヨマンの絵を展示している。パリやクルーズ県、プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏の地中海沿岸に近いアドレ・ドゥ・レストゥレル周辺を描いた風景画で、とくにその名を残している。

1927年、パリの真南にあるヴァル=ド=マルヌ県オルリーでギヨマンは亡くなった。

※以上、Wikipediaより引用。
 また、トピ立ては原則自由です。


現在の画像は『アルクイユの水道橋とソー鉄道』

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 18人

もっと見る

開設日
2009年4月7日

3002日間運営

カテゴリ
アート
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!