mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > アート > 都をどり

都をどり

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年12月13日 23:44更新

京都の祇園甲部歌舞練場で開かれる「都をどり」のコミュです。

mixiページもよろしく。

GMK48(芸舞妓48)
http://page.mixi.jp/view_page.pl?page_id=202709&from=home_members_list

公式ホームページ
http://www.miyako-odori.jp/


表紙の写真は紗月さんです。
(2013年5月3日変更)

以前は、真希乃さんでした。
それ以前の3人の写真は、
最前列は、舞妓、真希乃さんです。
2列目は、佳つ實さん、一番奥は、佳つ椰さんと思われます。
写真は、2011年2月24日午前10時51分、
京都市東山区(安元雄太氏撮影)(写真:産経新聞)


都をどり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
都をどり(みやこをどり)は、毎年4月1日 - 30日にかけて祇園甲部歌舞練場で開催される祇園甲部の舞踊公演。


都をどりの様子目次 [非表示]
1 沿革
2 年表
3 しくみ
4 お茶席
5 歴代歌題
5.1 1872年〜1899年
5.2 1900年〜1915年
5.3 1916年〜1943年
5.4 1950年〜1988年
5.5 1989年以後
6 外部リンク



沿革 [編集]
1872年(明治5年)、博覧会の余興として上演されたのが始まりで時の京都府知事、槇村正直が作詞を、当時新進であった井上流家元、井上八千代(三世 片山春子)が伊勢の亀の子をどりを参考に振付を担当し舞台まで両側の花道が設え、今までの舞台とは一味違う革新的で、花道からおそろいの衣装を着けた踊り子たちが登場して観客を驚かせた。以来、歌舞伎や源氏物語などを題材して明治以来のスタイルを踏襲しながらその年の干支や話題にちなみ、新たなる志向で上演され続けている。この形式は伊勢古市の花街で踊られていた『亀の子踊り』にヒントを得て作られている。


年表 [編集]
1872年(明治5年) 都をどり初演。
1915年(大正4年) 大正天皇即位記念公演。
1928年(昭和3年) 昭和天皇即位記念公演。
1944年(昭和19年)−1949年(昭和24年) 第二次世界大戦で6年間休演。
1950年(昭和25年) 南座で再開。
1964年(昭和39年) 東京オリンピック大会記念公演。
1994年(平成6年) 平安遷都1200年記念公演。
2004年(平成16年) 四世井上八千代(本名 片山愛子)、死去。

しくみ [編集]

舞妓たちによる演奏都をどりは原則として、総踊形式で一貫し、京都の名所などを長唄などで紹介しながら踊り、明治以来その形式で踏襲されている。最

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 198人

もっと見る

開設日
2009年4月7日

2844日間運営

カテゴリ
アート