mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > アート > 本橋成一

本橋成一

本橋成一

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年10月4日 15:47更新

カメラ写真家であり映画監督でもある本橋成一。
知っている人は知っている。知らない人は全然知らない。
だけど一度知ったら絶対好きになる。
新作映画【バオバブの記憶】も絶賛公開中!
そんな本橋ワールド好きの人集まれ〜手(パー)

本橋成一(写真家・映画監督)

東京都出身。
1963年自由学園卒業。

王冠カメラ九州・北海道の炭鉱の人々を撮り始め、その作品「炭鉱〈ヤマ〉」で、1968年第5回太陽賞受賞。
以後、サーカス、上野駅、築地魚河岸、大衆芸能など、市井の人々の生きざまに惹かれ写真に撮り続ける。

カメラ1991年からチェルノブイリ原発とその被災地ベラルーシに通い始め、汚染地域で暮らす人々を撮影。

王冠カメラ1995年、「無限抱擁」で日本写真協会年度賞、写真の会賞を受賞。

王冠カメラ1998年、写真展「ナージャの村」で第17回土門拳賞受賞。
映画同じく汚染地に暮らす村人をテーマにしたドキュメンタリー映画「ナージャの村」を初監督。
王冠ベルリン国際映画祭に招待されるなど、国内外で高い評価を得る。

王冠2002年、二作目映画「アレクセイと泉」で52回ベルリン国際映画祭にてベルリナー新聞賞及び国際シネクラブ賞受賞。
その他、第12回サンクトペテルブルグ映画祭でグランプリなど受賞多数。

本カメラ2002年、雑誌の連載で開戦前のイラク国内を旅する。
翌年「イラクの小さな橋を渡って」(共著)を緊急刊行。

本カメラ2003年 毎日新聞にて“生命の旋律”を一年間連載し、翌年、写真集「生命の旋律の旋律〜本橋成一が撮る人間の生き様集〜」を刊行。

映画2006年、歌と三線一本で流浪の人生を送ってきた石垣島のナミイおばあを描いた映画「ナミイと唄えば」を公開。

ドル袋2007年、ダムに沈んだ岐阜県徳山村に最後まで住み続けた村人たちの暮らしを15年追った映画「水になった村」を初プロデュース。

映画2009年3月公開のドキュメンタリー映画「バオバブの記憶」は長年の想いが結実した作品。

本橋成一事務所【ポレポレタイムス社】HP→http://polepoletimes.jp/
   新作映画【バオバブの記憶】公式HP→http://baobab.polepoletimes.jp/#/
バオバブの記憶コミュニティ→http://mixi.jp/view_community.pl?id=4125892

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 67人

もっと見る

開設日
2009年3月24日

2817日間運営

カテゴリ
アート
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!