mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > スポーツ > Randy "Keith" Orton

Randy "Keith" Orton

Randy "Keith" Orton

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年9月13日 13:06更新

ランダル"ランディ"・キース・オートンは、アメリカの男性プロレスラー。
テネシー州ナッシュビル生まれ、ミズーリ州セントルイス出身。
WWEのRAW所属。業界のトップヒールの1人である。
リングネームとして本名である「ランディ・オートン」を使用している。
ニックネームは「レジェンドキラー」。

祖父のボブ・オートンSr、父のボブ・オートンJrの
2人ともプロレスラーであり、ランディ・オートンは
3代目プロレスラーにあたる。父のボブ・オートンJrは、
2005年にWWE殿堂入りを果たしており、
授賞式ではランディ・オートンがプレゼンターを務めた。

2009年、RAWでステファニー・マクマホンに平手打ちされた事に対し
謝罪を要求するも、同日事故から復帰したビンス・マクマホン会長に
却下される。いらだったオートンはビンスに平手打ち、パント・キックを
加えて病院送りにしてしまう。

そんな中、ロイヤルランブルにレガシーとの共闘、
マクマホン家との対立を抱えたまま出場。
レガシー3人とトリプルHが残り、トリプルHがコーディ・テッドを
落とした隙にトリプルHを落とし、Royal Rumble2009大会優勝する。

翌日RAWでセラピストと弁護士、レガシーの2人を連れ立って
登場したオートンはビンスへのパント・キックの件に関して、
IED(間欠性爆発性障害)と呼ばれる、ふとしたきっかけで
異常なまでの怒りが爆発する精神疾患が原因であると釈明。
しかしそれで済む筈もなく、シェイン・マクマホンの襲撃に遭う。

その後数週にわたり襲撃の応酬は続いたが、ノー・ウェイ・アウトの
反則裁定無しの一戦でシェインを下した翌日のRAW、再戦した
シェインをとうとうパント・キックで病院送りにし、
更に庇いに現れたステファニーにRKO。
そこに数年前にストーリー上ステファニーと離婚している
トリプルHが駆けつけ、スマックダウンでは自身が
ステファニーの夫と明かし、オートンへの怒りを露にした。

二人は激しい抗争を経ってレッスルマニア25大会では
メインのWWE王座戦で戦ったが、トリプルHに自身が得意な
パントキックで頭を蹴られ、スレッジハンマーで殴られ
最後はペディグリー決められてしまい敗れてしまった。

翌日のRAWで会長のビンス・マクマホン氏との試合中に
シェイン・マクマホンとトリプルHが乱入、
さらにオートンのパントキックで負傷中のバティスタが復活して
リングに乱入、スピアーを喰らった。

Backlash2009大会のWWE王座戦ではテッド・ディビアスと
コーディ・ローズを従え、トリプルH、バティスタ、
シェイン・マクマホンと六人タッグで戦った末、
トリプルHにRKOとパントキックを決めて
自身3回目となるWWE王座を獲得した。

<Wikipediaより抜粋>

RAW所属のWWEスーパースター、
ランディ・オートンのコミュニティです。

トピック作成、コメントなどご自由におねがいします。

はじめましての挨拶はこちらでお願いします。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=8028591&comm_id=41502

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 668人

もっと見る

開設日
2004年10月8日

4444日間運営

カテゴリ
スポーツ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!