mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Ana Chumachenco

Ana Chumachenco

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2009年11月6日 04:44更新

 世界的ヴァイオリニストであり、また名教師である、「A・チュマチェンコ女史とその弟子たちを語る」のコミュニティです。

 私は、チュマチェンコ女史については詳しくないのですが、とても興味あります。彼女のお弟子達の素敵な演奏は忘れられません。

 チュマチェンコさんを語るコミュニティにぜひご参加を!!
いろいろと教えてください。


アナ・チュマチェンコ(ヴァイオリン) Ana Chumachenco
パドア生まれ。ヴァイオリンの最初の手ほどきを父(レオポルト・アウアーの孫弟子)より受ける。既に9歳で公式デビューし、ソナタコンサートを、更に2年後にはメンデルスゾーンのホ短調コンチェルトを弾く。1958年にはヴエノスアイレスのリエルコ・シュピラーの奨学生となる。その後の多くのコンサートによってアルゼンチン音楽界で大成功を収め、1960年には音楽評論家より、シーズン最高のソリストとしての賞を受ける。同時に最初のレコード録音を行う。1963年にヨーロッパに渡り、シャンドル・ヴェークに学ぶと共に、ヨゼフ・シゲッティ、ユーディ・メニューイン等、多数のマスターコースを受講する。同年、ロンドンのカール・フレッシュ・コンクールで一等賞、8年後にはブラッセルのエリザベート国際コンクールで銀賞。1972年にヴィオラのオスカー・リシィとチェロのヴァルター・ノ_タス(1979年よりヴォルフガング・メールホルンに交代)と共にミュンヘン弦楽トリオを結成し、世界中より高い評価を受ける。このトリオと共に、またソリストとして世界各国へ演奏ツアーを行う。1978年にメニューイン・アカデミーの客員教授となり、10年間在職。1990年よりミュンヘン音楽大学の教授。毎年、スカンジナヴィアとスイスでマスターコースを行い、またトーマス・ツェートマイアーと共に、カメラータ・ベルンを率いている


(チュマチェンコの弟子たち)

玉井菜採(東京芸大准教授)

島原早恵(ドレスデン国立歌劇場管弦楽団 第1ヴァイオリン)

ユリア・フィッシャー(ドイツ)

アラベラ・美歩・シュタインバッハー(ドイツ)

リサ・バティアシヴィリ(グルジア)

イェウン・チェ(韓国)

ヴェロニカ エーベルレ(ドイツ)

 その他多数。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 3人
開設日
2009年3月19日

3189日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!