mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > ハイフェッツ Jascha Heifetz

ハイフェッツ Jascha Heifetz

ハイフェッツ Jascha Heifetz

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤッシャ・ハイフェッツ(Иосиф("Яша") Робертович Хейфец, Jascha Heifetz-Ruvimovich, 1901年2月2日 - 1987年12月10日)は、20世紀の頂点に立つヴァイオリニストの神様。

ハイフェッツはロシアの(現在のリトアニアにある)ヴィルナにユダヤ人として生まれた。父もヴァイオリニストであり、幼い頃から父が練習の時に音を外すと泣き出したというエピソードも残っている。

3歳からヴァイオリンを習い始め、いわゆる神童であり、6歳で既にメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を演奏したという。1910年にはペテルブルグ音楽院にてレオポルト・アウアーに学び、翌年に演奏デビュー。12歳でアルトゥール・ニキシュに招かれベルリンデビューを果たすと、同年ニキシュの指揮でベルリン・フィルと演奏している。このまま順調に、10代のうちにヨーロッパの大部分を訪れている。

1917年にはカーネギー・ホールでアメリカデビューを果たす。同年のロシア革命を避けるために、そのままアメリカ在住の道を選び、1925年にアメリカの市民権を得ている。そんな時代を経ながらも、世界中を演奏旅行しながら多数の録音も行う演奏活動を長く続けることとなる。後年、南カリフォルニア大学で後進の指導も行っている。1987年にロサンゼルスにて死去。

彼の演奏技術の高さはそれまでのヴァイオリニストと比較しても傑出しており、活動と同時期に日本においては表現より技術を重視する「冷たいヴァイオリニスト」としてやや低い評価を与えられてもいたが、死後むしろ後のヴァイオリニストにも多大な影響を与えたヴァイオリニストとして確固たる評価を得ている。

オーケストラとの共演などのソロのみならず、ピアノのアルトゥール・ルービンシュテイン、チェロのエマヌエル・フォイアマンとのその高給から百万ドルトリオと呼ばれたメンバーでの演奏も歴史に残る演奏とされている(フォイアマン死後はチェロはグレゴール・ピアティゴルスキーとなる)。

バロックから現代音楽までレパートリーも非常に広く、その中でアルノルト・シェーンベルクからヴァイオリン協奏曲の初演の依頼を断ったエピソードが有名である。(wikipediaより)




そんな世紀の大ヴァイオリニスト、
ヤッシャ・ハイフェッツについて語るコミュニティ。

開設日
2005年11月10日
(運営期間3972日)
カテゴリ
音楽
メンバー数
1330人
関連ワード

おすすめワード