mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 趣味 > 緑の0系新幹線!!

緑の0系新幹線!!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2013年11月20日 21:26更新

緑の0系新幹線はJR東日本が生み出した最高傑作車両です。


緑の東海道新幹線なんてあるわけない、とバカにされた悔しい
思い出はありませんか?

あるんです、ここに・・。


http://homepage3.nifty.com/super-express/Zatugaku-midori0kei.htm
緑色の0系新幹線

このページでは青色のハズなのに緑色の0系について紹介します。

 この新幹線は東海道山陽新幹線の初代新幹線0系です。東海道山陽新幹線ならば塗装が青色のハズですが、何故か緑色?!まるで200系のようです。これは一体・・・・?!

 この0系は東京都、青梅にある青梅鉄道公園に保存されている先頭車です。
実は、この青梅鉄道公園の管理がJR東日本だった時代、JR東日本のイメージカラーである緑色に塗られていた時期があるのです。当時は新幹線は今より注目される存在ではなく、一般の人には東北・上越新幹線の200系にしか思われていなかったようですね。その後、本来の塗装である青色に戻され、この緑色の0系は幻となってしまいました。


http://homepage3.nifty.com/sakapoyosu/techozon/22-75.htm

車番:22-75
場所:青梅鉄道公園

 国鉄の民営化後である1988年に改装工事が行われ、車体に再塗装が施されたが、その際22−75は、所有会社の都合から、東北・上越新幹線の200系と同じ塗装にされた。パンタグラフもその時付けられたようだ。車体を覆う屋根もないので風雨に晒され、しかも車体が白いから汚れや錆が目立ちやすい。そのため再塗装も度々施されるが、現役車のようにていねいでないので、点検蓋などの隙間が塗料により埋められていく。塗り分け、特に窓廻りの前部に微妙な変化があり、200系色でも当初は0系と同じ緩やかな形だったものが、後年200系と同じ鋭い形に変化した。
 1997年4月、管理がJR東日本から交通博物館に変わり、その際行われた改装工事により元の塗装に戻った。雨水侵入による腐食を防ぐため、屋根角の通風口が埋められた。ただ、窓部の塗り分けは依然として200系の形をしている。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 10人

もっと見る

開設日
2009年2月26日

3214日間運営

カテゴリ
趣味
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!