mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > その他 > ZGMF-X11A リジェネレイト

ZGMF-X11A リジェネレイト

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年10月15日 23:56更新

【2/22更新】

[解説]
ヘリオポリスで奪取したGAT-X303イージスのデータを元にザフト軍が開発した可変型核動力MS。型式番号ZGMF-X11Aから判断出来る通り、ZGMF-X10AフリーダムとZGMF-X12Aテスタメントの中間に存在する機体。

本機はコクピットがバックパック部分に存在し、それ自体が「コア・ユニット」と呼ばれる1対のサブアームを持ったパーツに分離する。残りの人型部分は多数の予備が存在する使い捨てパーツに過ぎず、戦闘中この部分を破損しても新たなパーツ、あるいは破損パーツから使用可能な部分を再構成してドッキングする事で、パーツの供給が続く限り何度でも機体を再構築する事が出来る。

コア・ユニットはミーティア的な運用も想定され、他のMSとの合体機能を持つ。更に接続プラグの形状を変化させる事で、たとえ他勢力の機体であっても強引にドッキングし、その機体を自機の制御下に置く事が出来る寄生虫的な機能を有している。

MA形態はイージスに類似した高速巡航形態に加え、コア・ユニットを上半身、人型部分を4脚の下半身とした異形の突撃形態を持つ。なおこの状態では本体のコア・ユニットがメインボディとなる為、ある意味で本来の姿と言える。

更にもう一つの特徴的機能として、ジェネシスαとの連携によるレーザー加速システム、ライトクラフト・プロパルジョンの採用が挙げられる。これは本来外宇宙航行技術の一部を転用したもので、ジェネシスαから発射されたレーザーで機体の推進剤を爆発燃焼させ、驚異的な加速を可能とするものである。また、加速中に四肢を動かし質量移動を行う事によって、加速中の軌道変更も可能としている。

可変機構や大推力による一撃離脱戦法を得意とする本機だが、設計当初より隠密下での特殊工作活動もプランに盛り込まれ、ミラージュコロイドの展開による高い秘匿性も有している。

「リジェネレイト」は「再生」の意。

型式番号 ZGMF-X11A
所属 ザフト軍ジェネシスα防衛部隊
生産形態 試作機
全高 35.61m
重量 198.02t
装甲材質 フェイズシフト装甲
動力源 核エンジン
武装 ビームサーベル×4
ロングビームライフル
特殊装備 ニュートロンジャマーキャンセラー
ライトクラフト・プロパルジョン
ミラージュコロイドシステム
搭乗者 アッシュ・グレイ

-Wikipedeaより-

ZGMF-X11A リジェネレイトガンダムが好きな方、また気になる方、ガンダムSEEDシリーズが大好きな方、そんな方々は是非ご参加を!

[検索キーワード]
機動戦士ガンダムSEED、機動戦士ガンダムSEED ASTRAY R、ジャスティス、フリーダム、リジェネレイト、テスタメント、プロヴィデンス、プロトセイバー、+11、再生

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 7人

もっと見る

開設日
2009年2月22日

3220日間運営

カテゴリ
その他
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!