mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > アート > 小鹿堂

小鹿堂

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年9月28日 00:48更新

2009.4 10人 (小鹿班)
2010.2 20人 (小鹿分隊)
2011.2 50人 (小鹿小隊)

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
小鹿堂

簡単にいうとカルト宗教です。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
けーた(けーちゃん、斎藤聖司、ke-ta、1984年4月20日、)は日本のロマンチストであり、
執筆集団小鹿堂の代表兼ねて筆頭執筆家。
有限会社小鹿堂、
戦場のロマンチストミュージック・ジャパン(killing field romantic music)所属。

兄にロックバンド銀杏BOYZの峯田和伸、母方の従姉妹に漫画家の魚喃キリコはいない。赤の他人に日本の漫画家の浅野いにお、ロックバンドandymoriの小山田壮平がいる。


略歴

岡山県岡山市に生まれ育つ。小学時代いじめに遭遇して、友達や教師すべてを信用出来なくなる。
一時期登校拒否になり音楽と文学と絵にどっぷりはまる。
あまり友達もいない中学時代、突如現れたヒーロー(後の親友、しょうちゃん)の手によりどん底からまともな人間生活を取り戻す。
高校時代、先述のしょうちゃんとフォークロックユニット、しばいぬを結成し、岡山路上シーンを(ちょっと)湧かせる。
19歳の時に岡山を離れると同時に、音楽からも離れる。同時に小鹿堂名義で執筆を始める。
生と死と愛とエロスの独特の視点で、徐々に人気を集める。
当時読んでいたカネコアツシの漫画、バンビに憧れていたのが小鹿堂の由来である。


2005年にエッセイ集「偉大なのはいつも君、ちっぽけなのはいつも僕」を発表。
2006年にエッセイ集「毛布より優しい存在を僕は君しか知らない」を発表。
2007年にエッセイ集「彼女はバニーガール」を発表。
2008年に小説「君が振り向いたからさよならはさよならの意味をなくしてしまった」を発表。
過剰なまでの生と死とエロスの描写が話題になり、50万部を売り上げる。
2020年には宮崎あおい主演で映画化を決めたい。

渡米、上京を繰り返し、現在は兵庫県で執筆活動を続けている。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
Wikipediaより抜粋


やっぱりうそです


小鹿堂(C)

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 53人

もっと見る

開設日
2009年2月2日

3063日間運営

カテゴリ
アート
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!