mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > サークル、ゼミ > エリオ・グレイシーを偲ぶ会

エリオ・グレイシーを偲ぶ会

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年3月8日 23:42更新

エリオ・グレイシー(Hélio Gracie、1913年10月1日 - 2009年1月29日)は、ブラジル出身の男性ブラジリアン柔術家であり、グレイシー柔術の創始者。ブラジリアン柔術十段(赤帯)。ガスタオン・グレイシー家の五男。身長170cm、体重65kg。
【来歴】
父ガスタオン・グレイシーから依頼され前田光世は兄カーロス・グレイシーやエリオを含む5人兄弟に柔道(柔術)の技術と精神を教えていた。その後、カーロスとエリオは、グレイシー柔術の技術体系を築き、エリオは「グレイシー柔術アカデミー」総裁となる。1930年代からバーリ・トゥードを戦い始め、約20年間無敗を誇りブラジルスポーツ界の英雄となる。

43歳の時、弟子であったヴァウデマー・サンターナと対戦。3時間以上の試合となったがKO負けとなり、この試合を最後に引退した。

90歳を過ぎてからも、道着に袖を通し道場に姿を現しては稽古、指導を行っていた。

2008年2月に、ヒクソン・グレイシーを会長とする全日本柔術連盟(JJFJ)の相談役に就任した。

2009年1月29日、リオデジャネイロ郊外のBeneficencia Portuguesa Hospitalにおいて死去。95歳没。


【日本人柔道家との対戦】
日本からのプロ柔道の使節、加藤幸夫、木村政彦と対戦。

1951年9月6日にリオデジャネイロ市で加藤幸夫とブラジリアン柔術ルールで対戦し、10分3ラウンド引き分け。9月23日に再戦し8分目で加藤を絞め落としエリオの一本勝ち。

1951年10月23日にブラジルリオデジャネイロ市のマラカナン・スタジアム(観衆はブラジル大統領を含む3万人)で木村政彦と対戦(10分3ラウンド)。2R開始3分で大外刈からのキムラロック(本来の名称は柔道の腕がらみ。木村が掛けた技である為、後にこう呼ばれる。)で腕を取られ、エリオは意識がなくなっていた(一説に骨折したと言われている)ため兄のカーロスがタオルを投入し敗北した。


【家族】
父ガスタオン・グレイシー
長兄カーロス・グレイシー(Carlos Gracie)
四兄ジュルジ・グレイシー
長男ホリオン・グレイシー(Rorion Gracie)1952年1月10日生
ヒイロン・グレイシー(ホリオンの長男)
ヘナー・グレイシー(ホリオンの次男)
ハレック・グレイシー(ホリオンの三男)
次男ヘウソン・グレイシー(Relson Gracie)1953年3月28日生
三男ヒクソン・グレイシー(Rickson Gracie)1959年11月21日生
孫ハクソン・グレイシー(Rackson Gracie、ヒクソンの長男)
孫クロン・グレイシー(ヒクソンの次男)
四男ホウケル・グレイシー(Rolker Gracie)1964年7月22日生
五男ホイラー・グレイシー(Royler Gracie)1965年12月6日生
六男ホイス・グレイシー(Royce Gracie)1966年12月12日生
七男ホビン・グレイシー(Robin Gracie)1971年8月17日生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 7人

もっと見る

開設日
2009年1月31日

2975日間運営

カテゴリ
サークル、ゼミ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!