mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > スポーツ > #11 Larry Fitzgerald

#11 Larry Fitzgerald

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年7月3日 15:59更新

Arizona Cardinals
#11Larry Fitzgeraldのコミュニティです。


Wikipediaより
ラリー・フィッツジェラルド(Larry Darnell Fitzgerald, Jr. 1983年8月31日- )はミネソタ州ミネアポリス出身のアメリカンフットボール選手。現在NFLのアリゾナ・カージナルスに所属している。ポジションはワイドレシーバー。背番号は11。

13歳から17歳までの間、父親が当時ミネソタ・バイキングスのヘッドコーチであるデニス・グリーンと親しかったためボールボーイを行った。

高校1年の時彼はミネハラ・アカデミーでディフェンスバックとしてプレイした。その年彼の所属するチームはミネソタ州のハイスクール史上に残る大敗を喫した。彼は転校し高校2年からはホーリーエンジェル・アカデミーに転校し、その後ウィスコンシン大学で活躍したジョン・ストッコとチームメートになった。2001年半ばにはペンシルベニア州ウェインにあるバレー・フォージ・ミリタリーアカデミーに移り、大学進学の準備を行った。高校卒業後1年半が経過した2002年5月、彼はミネソタ州セント・ピーターにあるグスタフ・アドルフ大学に入学した。


その後、彼はピッツバーグ大学に移った。彼はカレッジフットボール史上に残る活躍を見せて広く知られるようになった。2003年にウォルター・キャンプ賞(カレッジフットボールでその年最優秀選手に贈られる賞)、フレッド・ビレトニコフ賞(その年最優秀WRに贈られる賞)、オールアメリカンにも選ばれ、ハイズマン賞にもノミネートされたがジェイソン・ホワイトが受賞、彼はわずかの差で次点となった。

彼はわずか26試合の出場で161キャッチ、2677ヤード(平均16.6ヤード)を稼ぎ34タッチダウン(大学歴代記録)をあげた。大学史上初の2年連続1000ヤード以上のレシーブ記録を樹立、100ヤード以上稼いだゲーム14試合の大学記録、NCAA記録となる18試合連続タッチダウンレシーブを達成した。


92キャッチ、1672ヤード獲得、22タッチダウンの記録を残し、彼は2004年のNFLドラフト1巡目全体3番でアリゾナ・カージナルスに指名されて入団した。当時のヘッドコーチは奇しくも彼がバイキングスでボールボーイをしていた時のヘッドコーチ、デニス・グリーンであった。

入団後すぐに彼は頭角を現し、カート・ワーナーのパスターゲットとなった。2004年のルーキーシーズン、58キャッチ、780ヤード、8タッチダウン、2005年には103キャッチ、1409ヤード、10タッチダウンの記録を残しプロボウルにも選出された。彼はチームメートのアンクワン・ボールディンと共に最も危険なWRコンビの一つとして知られるようになった。2005年シーズン彼ら2人はNFL同一チームから1シーズンに100キャッチ以上した史上3組目のペアとなった。彼ら2人は互い1400ヤード以上を獲得、これもNFL史上3組目の記録であった。

2006年、負傷のため数試合を欠場したが、69キャッチ、946ヤード、6タッチダウンの成績を残し、2007年には100キャッチ、1409ヤード、10タッチダウンの成績で2度目のプロボウルに選ばれた。2007年シーズン終了後、彼はチームと4年、4000万ドルの契約を結んだ。

2008年、カージナルスが9勝7敗でNFC西地区優勝を果たし、初出場となったプレーオフでも彼は活躍を見せて、フィラデルフィア・イーグルスとのNFCチャンピオンシップゲームではNFLプレーオフタイ記録となる3タッチダウンレシーブを記録した。3回のタッチダウンレシーブをチャンピオンシップゲームで前半だけでマークしたのは彼が初であった。彼はまたジェリー・ライスが持つポストシーズン1シーズンでのレシーブ記録を抜きチャンピオンシップゲームまでで419ヤードを獲得し第43回スーパーボウルを迎えることとなったピッツバーグ・スティーラーズと対決したスーパーボウルでも、フィッツジェラルドは厳しいマークに逢いながら、後半に2つのTDレシーブを決めた。2つ目のTDは64ヤードの独走であり、カージナルスは一時的にスティーラーズを逆転した。その後、チームは惜しくも逆転負けを喫した。

同年のプロボウルでは、2TDの活躍でMVPを獲得した。



エレクトロニック・アーツの人気アメフトゲームシリーズマッデンNFLの2010年度版のカバージャケットに登場している。このゲームのカバージャケットを飾った選手は、その後成績が低迷するというジンクスがあるため、フィッツジェラルドがこのジンクスを打ち破ることができるかどうか注目されている。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 24人

もっと見る

開設日
2009年1月28日

3010日間運営

カテゴリ
スポーツ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!