mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > 東京タワー リリー・フランキー

東京タワー リリー・フランキー

東京タワー リリー・フランキー

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』

◎ 『東京タワー』 を読んで号泣した人!!!

◎ 『東京タワー』 を読んで 両親を、
          故郷を思い出した人!!!

◎ 『東京タワー』 を沢山の人に広めたい人!!!

◎ 『東京タワー』 を今まさに読んでいる人!!!

◎ 『東京タワー』 をこれから読む人!!!

◎ 『東京タワー』 を読んでリリーフランキーさんを          大好きになってしまった人!!!

◎ リリー・フランキーさんの作品を
          他にも広めたい人!!!!
   
 みんな集まれ!!!!!!    

■トピック■ 
〜涙の感想〜
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=2808603&comm_id=400763

■関連コミュニティ■
リリーフランキー 
http://mixi.jp/view_community.pl?id=25088
リリー・フランキー
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1142
Let's リリー・フランキー
http://mixi.jp/view_community.pl?id=497842  
Night Stories Thursday (リリーさんの出演するラジオ)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=10524
おでんくん
(リリー・フランキーが描く愉快な「おでん」ワールド)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=182904

■関連HP■
東京タワー通信
http://www.fusosha.co.jp/tokyotower/index.html
月9連続ドラマ 公式HP
http://www.fujitv.co.jp/tokyo-tower/index2.html 
映画:東京タワー 2007.4月 G.W全国公開
http://www.tokyotower-movie.jp/ 
映画撮影レポート
http://www.magabon.jp/special/tokyotower/ 
 
★管理人の感想★
読んだあとの衝撃はそこら辺の所謂、
「感動する本」とはかけ離れていた。
オカンの人柄に脱帽し、リリーさんの母親に対する想い
が自分も同じように受け取っているのに見えていなかったの親の愛情を思い出させてくれる本。

全ての人に伝えたい強烈な感動作です。

**********************************************
リリーさんのHP 「シナモン日記より」(一部抜粋)

この小説はまだオカンが虫の息になりながらも生きていた病院のベッドの隅で書き始めました。無力な看病をしながら、なにをしてあげることもできず、その中で、ふと、オカンのことを書いてみようと思ったのがきっかけです。
 はじめは本にすることを具体的に考えていないまま、冒頭の部分を何度も書き直していました。でも、まだオカンの死が生々しいうちはなかなか書き進めることができず、月日は流れ、それから二年後、エンタクシーという同人誌に参加した時から、二年かけて書き続けたものです。
 最初の一行を書いてから本になるまで、4年以上が経っていました。本を作る作業の中で、ゲラを直したり、本のデザインをしたり、そのたびに思い出し、何度も何度もオカンの葬式をしている気がしました。
 ボクは文章を書く仕事をしていますが、この本を出すことは仕事という感覚はまるでなく、また、こんなものを読んで人がおもしろいと思うこともないだろうと感じながらも、オカンの供養のような気持ちで本を作っていたのです。
 でも、みなさんの話を聞いたり、手紙やメールを読んだりしているうちに、なにか、ボクのオカンの葬儀にみんなが参列してくれているような、あつかましいですけど、そんな不思議な気持ちがしています。
 ひとりひとりの人たちが、御自分の親へ対する想いと重ね合わせて、色んなことを書いてくれました。どれも温かいものばかりでした。ありがとうございました。

 今まで、あまり強く思ったことはなかったのだけど、この本はなるべくたくさんの人に読んでもらたい。そう思ったのです。
 一冊の本でこんなに何回もサイン会をやってるバカを自分以外に見たことがないけれど、できることなら全ての本を直接手で届けたいと思っています。
 本の装丁(デザイン)をする時、考えたことは一つだけでした。
 大切に扱ってもらえる本にしたい。紙の手触りとか、重さとか、心地良くしたい。
 そして、これはオカンの本なのでオカンなテイストにしたかったのです。
 よく、もらった洋菓子の包装紙とか、結んである金色のひもとか、うちのオカンに限らず、おばちゃんってそれを捨てられないで、大事に取っとくじゃないですか。
 あれみたいに、なんだか捨てられないかんじがする本にデザインしたつもりです。

 たくさんのメールやお手紙、ありがとうございました。今まではなるべく、忘れられるくらい遅くなっても返事は返すように心掛けていたのですが、今回は量が多くて、返事を出せそうにありません。
 御無礼お許し下さい。

 読んでくださったすべてのみなさん、ありがとうございました。
 取り急ぎ、秋の気配をかんじましたもので一筆さし上げた次第でございます。

     二〇〇五年 初秋 リリー・フランキー
***********************************************

開設日
2005年11月06日
(運営期間3977日)
カテゴリ
本、マンガ
メンバー数
2234人
関連ワード

おすすめワード