mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 分子進化の中立説

分子進化の中立説

分子進化の中立説

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年10月16日 13:50更新

分子進化の中立説(以下は中立説と記す)は、1968年木村資生先生によって発表されたもので、集団分子遺伝学において最も重要な理念である。それまで「進化」と言えばダーウィン的な進化、すなわち自然選択こそがその原動力であると考えられてきた(適者生存)。

しかし、中立説はこの他に、(個体の)生存については有利でも不利でもない変異の存在を示唆し、「運の良かったものが次世代を残す」という概念を主張した(遺伝的浮動)。さらに、分子進化において、点突然変異自体は、ランダムに起こっていることを、同義的および非同義的置換という概念を用いて見事に説明した。

表現型の進化が便宜的である一方、分子進化速度はそれによらず一定である。「分子時計」と呼ばれるこの分子進化速度一定性も、中立説によって合理的に説明されている。二つの異なる生物に相同な分子がある場合、その分子がどの程度似ているかを調べれば、種の系図である「分子系統樹」を推定することができる。これに前述の「分子時計」の概念を当てはめれば、分岐年代を推定することができる。

その後の進化学、遺伝学の発展に多大な影響を与えた「分子進化の中立説」について考えてみましょう。

キーワード:遺伝子型 表現型 突然変異 遺伝的浮動 分子時計 同義的置換 非同義的置換

※トッブの写真は生前の木村資生先生のものです。不適切である場合はいつでも取り下げます。

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 48人

もっと見る

開設日
2009年1月22日

2873日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!