mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > dr,doom.

dr,doom.

dr,doom.

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動くドゥーム。


名称: ビクター・フォン・ドゥーム。
ドゥーム (運命・死・破滅の意) というすげえ通り名が本名だと言うのだからすごい。
DR.ドゥームは”破滅博士” とでも言う感じなのか?宇宙忍者ゴームズ (FFのアニメ版) では悪魔博士だったそうな。。…ところで彼は本当に博士号を持っているのであろうか?

Story:
東欧某国にジプシーの呪い師の息子として生まれた彼は実は古に栄えたラトベリア王朝の末裔であった。没落した王朝の後継ぎとして廃墟となった祖先の城に育ち貧しいながらも王族としての気概を胸に成長した彼であったが、しかし彼が少年になった頃両親は周囲の酷い差別の中命を失ってしまった。ビクター少年はこれをきっかけに世間を憎むようになったのであった。
 幼い頃から科学に天才的な才能を示した彼はアメリカの大学の奨学金を与えられ、名門ステート大学に入学した。そして彼はそこで生涯のライバルとなる男リード・リチャーズと出会ったのであった。互いにその才能を競い合った二人であったがあるときビクターの開発した異次元通信装置の実験中に事故が発生し、装置が大爆発を起こしてしまった。一命をとりとめたものの、ビクターは顔に一筋の傷を負ってしまった。彼は無謀な実験を行ったという理由で放校処分を受けたが、そのことで実験の危険性を訴えていたリードを逆恨みするのであった。一本の傷すら許すことのできない完璧主義者の彼は俗世間と決別し、チベット山中に赴き密教の修行を積んだ。そして数年後。あらゆる術を会得した彼は僧達に命じて(既に命令しているのがすごい) 全身を覆う金属製の鎧を作らせた。鎧とケープを身に着けた彼は最後の仕上げとして真っ赤に焼け爛れたままの鋼鉄のマスクを世界征服の決意の証として、自分の顔に押し当てたのであった。。
その後彼は単独で、或いは少数の部下と配下のロボット軍団を用いて東欧某所にラトベリア王国を再建し、自らがその専制君主の座についた。更に世界征服の野望を押し進めるために幾度と無く宿敵リード・リチャーズ率いるファンタスティック・フォーやアベンジャーズら正義の陣営に戦いを挑んできたが、世界征服という彼の野望は今のところ果たされてはいない。
オンスロートの戦いに際しては宿敵リードの息子にして最強のミュータント、フランクリン・リチャーズを強奪した恐るべき敵オンスロートを前にしてFFと共闘を決意、他の多くのヒーローとともにオンスロートに立ち向かい彼の作戦をもってオンスロートのエネルギー・シールドを破るなど多大な戦果を挙げている。しかし!エネルギー体と化したオンスロートの肉体を補い破滅させるために多くのヒーローが自らの肉体をもってエネルギー流に立ち向かう最中、彼は一人その莫大なエネルギーを吸収しようとしていた。
それを見止めたホークアイとアイアンマンはドゥームを急襲、ドゥームはアイアンマンとともにオンスロートに吸収され、落命した。かに思われた。

ヒーローズ・リボーン:
しかし、落命したかにみえたヒーロー達は皆、生きていた!彼らはフランクリンがその現実改変の力をもって出現させた異世界に再生し、新しい記憶をもってそれぞれが再び、ヒーローなき世界に新たなヒーローとして目覚めていくのであった。
この世界でのドゥームは大学時代、リード・リチャーズ (後のFFリーダー)、トニー・スターク (後のアイアンマン)、ブルース・バナー (後のハルク)、ヘンリー・ピム(後のアントマン)、レベル・オレイリー(後にトニーとともにプロメテウス・アーマーを製作) と同窓であり科学に異常な才能を示す彼らは円卓の電子騎士、或いはアトミック・ナイツの 称号を得ていた。しかし。ドゥームは電子騎士が共同で開発したエクソスーツ (人間の身体能力を高める超防護服) の開発を進め自らの征服心を満たすために活用しようとしていた。リードはそれを止めたものの彼は実験を強行。エクソスーツは爆発しこの事故で彼は全身に重度の火傷を負った。彼は治療のためチベットに赴きそこでDr.ドゥームとして目覚めた。
 彼は再建したラトベリアに自らの拠点を置き、その技術力をもって各国の中枢に取り入る一方で自らの製作したアンドロイドマンダリンを操って世界最大の秘密犯罪組織ヒドラを支配して超兵器ガンマ爆弾の製造に関与し、更に宇宙に出現した謎の力コズミック・パワーを採取するためにリード・リチャーズが建造した新鋭宇宙船エクセルシオール号を奪取したりと世界各地で暗躍したのであった。彼はアフリカの小国ワカンダに飛来したコズミック・パワーの所有者シルバー・サーファーを回収しその力を得ようと試みたがそこにFFとワカンダの英雄戦士ブラック・パンサーが到着。さらにサーファーのパワーを欲する宇宙人スクラルも巻きこんだ乱闘の最中、サーファーは脱出しドゥームは居城とともに滅んだかにみえた。しかし彼は生き長らえており、マンダリンを通じてアイアンマンと死闘を繰り広げる一方で、この世界の成り立ちについて熟考を重ねていた。そして..
 サーファーを先触れとして出現した宇宙魔神ギャラクタスは配下の超人とともに地球を食い尽くそうとしていた。事ここに及び共闘する決意を固めた全ヒーローとドゥームであったが、しかしギャラクタスの力は圧倒的であった。ギャラクタスによって滅ぼされた地球を残し、ひとりタイムマシンで24時間前の地球に逃亡し前の世界での戦いで得た知識をもとにヒーロー達に知恵を授け…。それを繰り返した彼は、3つの地球の崩壊の後にたどり着いた世界で、ギャラクタスに背を向け人間達とともに戦う決意を固めた戦士シルバーサーファーの力とアトミック・ナイツの科学力を結集させた末、見事ギャラクタスを倒したのであった。

その後「ヒーローズ・リターン」において、現マーヴル世界でのスパイダーマンやハルク、Dr.ストレンジ、そしてフランクリン・リチャーズの尽力によって現世とリボーン世界に掛け橋が築かれた。リボーン世界のヒーローたちは現世での自分を取り戻しドゥームの提供した宇宙船を用いて次元の境界を突破し、現世に復帰しようとする。しかし船上でフランクリン・リチャーズを奪取せんと図ったドゥームはその行動をソーによって阻まれた。争う二人は船を飛び出し、次元の裂け目に飲みこまれるのであった。その後ドゥームは無事?現世に復帰しラトベリアに帰還したが、そこには彼の不在の最中に王国を乗っ取ったミュータント、ストライフがいた。

身長180−190cm。体重不明。元の顔はかなり端正だったらしい。髪は赤毛。

交友関係:
悪役一般。敵の敵は味方というところか。「オンスロート」中ではマグニートーとも個人的な付き合いのあった旨語っている。
FFとは最近の共闘あたりからまあ仲良しでもあるのか?…彼には養子クリストフがいるが、彼は一時FFの預かりとなっていた。
デビュー直後のスパイダーマンをヴィランと信じて仲間になろうと持ちかけた恥ずかしい過去も ..

能力:
ドゥーム自身は只の人間だが、その知的能力はリード・リチャーズ、トニー・スターク、ヘンリー・ピム、そしてX-MENのチャールズ・エグゼビアに匹敵する地球最高レベルである。彼の有する科学技術と経済力は全ヴィランの中でも最高の水準にあると思われる。また彼自身も独力で強大な魔術を行使することができる。
 鎧の機能は不明であるが両手のガントレット (篭手) からは破壊光線を発射することができ、その破壊力はセンチネルを一撃で粉砕する凄まじいものである。実質的にアイアンマンのリパルサーレイを凌ぐものであろう。腰のホルスターには高出力のブラスターが装備されている。
また鎧には浮遊能力が与えられている。アイアンマンがジェット/ロケット推進で飛行するのに対し、ドゥームは宙を浮くように動く。このことからも彼の鎧に秘められた技術力の高さが推察される。その他鎧には高い防御能力 (バリア展開含) 、各種機器制御ユニット、テレポート機能などが備わっているものと推測される。なお配下のロボット軍団(ドゥームボット)は彼の身につける鎧とコスチュームに反応し、それを見につける者の命令に対応する。

最新情報

トピック

開設日
2005年11月05日
(運営期間3983日)
カテゴリ
本、マンガ
メンバー数
111人
関連ワード

おすすめワード