mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > sentinel.

sentinel.

sentinel.

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動くセンチネル。


名称:センチネル。
開発者のボリバー・トラスクの命名。

Story :
人類を越える能力をもちいずれは現人類に取って代わる存在と目されているミュータントに脅威を感じた科学者ボリバー・トラクスは独力でミュータントハンターロボット”センチネル”を開発し、唯一知能と自我を備え自らの体内でセンチネルを開発することすらできる巨大センチネルマスターモールドをそのリーダーに据えた。トラスクはミュータントの危険性を訴えるためTV討論会に出席し、そこでミュータント擁護派の学者エグゼビア教授と論戦を交わした。しかしその最中マスターモールド及び配下のセンチネルは「人類をミュータントから保護する」というトラスクに与えられた至上命令を遂行するにあたってはまず人類をセンチネルの管理下におかねばならないと判断し、突如人類を攻撃し始め当のトラクスを殺害してしまった。駆けつけたX-MENの活躍でセンチネルは倒されたが、しかしミュータントを脅威と考える人々にとっては強力な武装でミュータントを苦しめる彼らセンチネルの存在は福音であった。トラクスと同じくミュータントを脅威と考える科学者スティーヴン・ラングの手でセンチネルは復活を遂げたがここでもX-MENの活躍でセンチネルは活動停止に追いやられた。しかしミュータント抑止力としてのセンチネルはミュータントを恐れる一般市民には評価される節もあり、ミュータントが反社会的な行動に出ればセンチネルを投入すべきだとの論調がこの時期からあったようである。
一方フェニックス2ことレイチェル・サマーズの生まれた平行世界の未来社会ではX-MENはセンチネルによって壊滅され人類もまた彼らの奴隷と化していた。母親の汚名をそそぐためこの世界の現代に来たレイチェルを追って未来世界の新型センチネル、”ニムロッド‘もこの世界に到来したのであった。一度はX-MENに倒され記憶を失い人類に紛れていたニムロッドであったが、その後本来の自分を取り戻してミュータント狩りを再開した。彼は初代マスターモールドと融合・合体し、センチネル軍団を指揮して再びX-MENに襲いかかった。(当時の) オーストラリア本部を急襲されたX-MENだったがローグが自らを犠牲にして審判の門シージ・ベリラスにマスターモールドを道連れにしたことでX-MENは難を逃れた。
この頃米政府はセンチネルを人類防衛の要として捉え、密かにその配備を進めていた。センチネルはマグニートーの復活 (フェイタル・アトラクション) を機にその実戦投入が想定されていた。しかしこのセンチネルはオンスロートに乗っ取られプログラムを変更されてニューヨーク、マンハッタン島を占領し、この際にはミュータント以外の人間にも攻撃をしかけた。
一方審判の門シージ・ベリラスを通過したマスターモールドは人間として生まれ変わった。完全な世界を築くためにはミュータントや人類のような不確かな生命現象は排除すべきと考える彼に、審判の門は自身が生命となる道を示したのである。全ての記憶を無くしていた彼は結局その後人間として生活する中で再びミュータントとの戦争に立ち上がることになるのだった。バスチオンを名乗った彼は老女ローズ・ギルベルティに保護され日々を送り人間について学んでいったが、あるときミュータントの存在を知った彼は、その第一義的な本能に突き動かされミュータントの撲滅に向けて動き出していった。彼は反ミュータント活動家クレイドン・クリードに近づき急速にその勢力を拡大していった。政府内部にパイプを通した彼は対ミュータント国際機動軍ゼロ・トレランスを設立した。次いで合衆国某所のハルクバスター基地を摂収してその拠点とし、同時にプロスペロ・クリニックを開設し彼の目指す完全な世界には不要と思われる弱者をプライム・センチネルに改造しその戦力としていった。こうして組織されたゼロ・トレランスは突如X-MENを急襲し、一時は主要メンバーを捕えて遂にはX-マンションをも手中に入れたが、ハルクバスター基地を脱出したサイクロプス等とニューヨークで奮戦したアイスマンやセイブラの活躍、ケリー上院議員やガイリックの変心、合衆国政府の転身とシールドの介入によってその先鋭的な活動を頓挫させられた。シールドに捕縛されたバスチオンは検査の最中に全ての記憶を取り戻して脱走し、クリニックの奥深くで建造されていた新マスターモールドを起動させた後に マシンマンを捕らえて彼を洗脳して ”センチネル・サプリーム” に仕立てあげようとした。この目論みはケーブルの活躍で失敗に終わった。だが合衆国内ではその活動停止させられたもののゼロ・トレランス自体は存続し活動を継続しており、バスチオン自身もマスター・モールド/ニムロッドとしての能力を全て取り戻している。

身長不定。体重不定。

能力:
その巨体は圧倒的なパワーを誇る。金属製のボディも非常に頑丈に造られている。また飛行能力を有している。ミュータント索敵能力でミュータントを発見・追跡しその捕獲/殺傷を目的に活動する。主な武装は両掌及び各指に装備された射出孔から放たれるレーザー・ブラスト/特定遺伝子破壊光線である。またこの孔からは別に金属製のコイルを伸ばしてきたり無力化ガスを噴射して対象を襲う。また目から光線を射出する場合もある。後期型センチネル最大の機能は周囲のミュータントの持つミュータント能力を瞬時に無力化し、その能力に対抗し得る兵装を獲得する機能である。このため (特にその存在を知られた) ミュータントにとってセンチネルは常に恐怖の対象である。
なお 通常型のセンチネルはマスター・モールドや工場のような整備とメンテナンスの場を必要としており破壊されたり機能低下した場合に自分でそれを補修することはできない。
センチネルには以下のようなバリエーションがある。
センチネル:通常型。身長は2-3m程度 (初期型) のものから50m級のものまで様々。概ね10m程度。人工知能こそ有するものの自我は獲得しておらずマスターモールドやその他の命令系統の指示に忠実に従う。
マスターモールド:センチネルを遥かに上回る巨体を誇り、材料とエネルギーさえあればそのボディ内部でセンチネル軍団を製造することができる。センチネル軍団を率いる優れた知性と自我を備えており、その戦闘能力もセンチネルを圧倒する。
ニムロッド:未来世界で生まれたセンチネルの発展型。人間大のサイズだが人間への擬態能力・自己修復能力を備え個体レベルで自我を備えている。
プライム・センチネル:人間の肉体に機械を埋め込んで製作された新世代のセンチネル。ロボットというよりサイボーグである。周囲にミュータントを察知した場合、或いは本部からの指令 (電気信号) によって人間体からセンチネル体に変形し自我を持たない人形としてその至上命令に従い活動する。パワーはともかくとしてスピードと機動性は従来型を遥かに上回り、またナノテクノロジーを応用したその機体は相手のミュータント能力に合わせて自在にその武装を変化させる。ニムロッド部隊その他幾種類ものバリエーションを持つ。

最新情報

トピック

開設日
2005年11月04日
(運営期間3979日)
カテゴリ
本、マンガ
メンバー数
107人
関連ワード