mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > アート > 柏本龍太

柏本龍太

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年3月19日 12:44更新

美人画の柏本先生のファンコミュニティーです

高校は進学校だったが進学はせず、美大を二浪するうちに、大学では学べないことが学べる長崎美術学院に入学。社会性と独自性を身につけることが、学院での教えだ。ここで生徒として学んだ後、絵を教える側の講師として勤務。現在、各賞を受賞し、若手のリーダー的存在である。
1998年、二紀選抜展にて優賞受賞。この頃、先天性の病により入院。命にかかわる経験をしたことが転機となり、自分の生き様というものを考え始めた。ちょうど絵の変容期でも、世間的に評価され始めたときでもある。たとえ死がちらついても描かずにはいられないと、鬼迫が筆を動かした。翼もつ人を描き、生死の彼方を見つめた、日常性から飛びぬけた境地に至る。
テーマは人物の動き。具象(人物)における独自の表現を常に考えている。表面的なものだけでなく、心の動きを絵の中で表現したいと、マチエールや線描から躍動感や感情の表出を試みた。顔よりも全体でみせたい、形を描いているのではないと表情は描かない。
絵具の偶然性から絵が広がり、それらと対話しつつ世界を広げていく。何を描こうと決めて筆を持つのではなく、何もないところから生み出していく。言葉にしがたい内的世界を、キャンバスの中に色や形で表現し、なにか感じるところをもってもらえれば、それが「共感」ではないだろうか。画面と対話しながら描いた絵は、また、鑑賞者とも会話をはじめる。絵を通しての内面の共有。外側と内側のバランスを考え続ける作家の作品には、ことばがある。
見えないものを絵という形で表現していく。それは矛盾のようにもみえるのだが、人の心を写し取る筆をもった絵師には、ひどく自然な仕事なのである。

1973年 長崎県に生まれる
1991年 長崎県展 西日本新聞社賞受賞
1997年 長崎美術学院 本科終了
長崎県展 知事賞受賞
第51回二紀展 奨励賞受賞
1998年 個展(長崎)
長崎二紀ビエンナーレ 新人賞受賞
1998年 春季二紀選抜展 優賞受賞
GRAN CANAL長崎 大賞受賞
1999年 西部二紀展 奨励賞受賞
2000年 九州二紀展 九州二紀賞受賞
春季二紀選抜展 大賞受賞
第2回雪梁舎フィレンツェ賞展 フィレンツェ大賞受賞
2001年 フィレンツェ留学
九州二紀展 奨励賞受賞
第55回二紀展 優賞受賞
2002年 長崎二紀ビエンナーレ 大久保記念賞受賞
Asian Art Now 2002(ラスベガス)
個展(長崎)
2003年 第1回日本アートアカデミー賞 グランプリ受賞



管理人は08浜屋の展示で
階段の上の美人を見て以来
先生に会いたいっす(ToT)

先生! 柏本先生!!!
はあ・・・・・バアリ スごかあーーーーーー\(>▽<)!

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 13人

もっと見る

開設日
2009年1月8日

3091日間運営

カテゴリ
アート
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!