mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 徳永康起

徳永康起

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年6月17日 14:50更新

鉄筆の聖者    徳永康起 先生

 森信三先生をして、「明治以後のわが国の教育界おける『100年一出』の巨人」、「超凡破格の教育者」と言わしめた人物。それは、熊本の小学校教師、徳永康起であった。
 徳永先生は、36才の時(昭和22年)校長を拝命するのですが、在任5年にして、自ら願い出て、平教員に降格してもらった。という人物です。
 徳永先生は、毎朝3時に起床され、教え子にハガキを書かれました。
 徳永先生は、森先生に師事しておりましたが、森先生がある時、「あなたは、実にいいハガキを書かれる。複写にして残しなさい」と徳永先生に指導されたが、徳永先生は、「嫌です。」と受け入れなかった。ある日、徳永先生の修学旅行先(京都)の旅館に森先生が突然訪ねて来られ、
 「あれだけいってもまだ判らぬのですか!!」とお叱りになった。
さすがの徳永先生も観念されて、ハガキを複写にするようになった。
(このエピソードは私が、学生時代、寺田清一さんから直接聞いたものです)
 かくして、徳永先生のハガキは後世に残ることとなった。それ以後没するまで、十有二年。その数、約二万三千通。
 徳永先生は、ハガキだけでなく、当時ガリ版による学級通信『天意』を毎月発行され、没後間もなき日から、“鉄筆の行者”さらには“鉄筆の聖者”と呼ばれるようになったそうです。
 昭和54年6月29日、徳永先生はついに逝去された。享年68歳。地元熊本日日新聞は、この一教師のために、三段抜きで徳永先生の逝去を大々的に報道した。校長でもない、一退職教師の死に対して、このような破格の扱いをしたという例は、戦後おそらく空前絶後のことであろう。《『徳永康起先生の人と教育』p.27より作成》

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 6人

もっと見る

開設日
2009年1月1日

3037日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!