mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > superman.

superman.

superman.

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動くスーパーマン。




名称:
カル・エル/地球での名はクラーク・ケント。


Story:
高度な文明を誇りながらも崩壊の危機に瀕していたクリプトン星。執行官ジョー・エルは人工授精によって誕生した自分と妻ラーラの息子を惑星崩壊から救うためカプセルに乗せ、事前に検討を重ね自分たちの息子が神のごとき力を振るうことになることが推定される未開の惑星”地球”へと放出した。直後クリプトンは崩壊し、赤ん坊は惑星の遺児となった。
放出されたロケットはアメリカはカンザス州スモールビルに飛来しそこでケント夫妻に拾われた。長らく自分たちに子どものいないことを悩んでいた彼らは飛来した子に魅せられ、折り良く長期間に渡って吹き荒れた吹雪の最中に自分たちの間に生まれた子としてそのこどもをクラークと名付け育てることにした(彼らはロケットをソヴィエトの人体実験と考えており、従ってクラークもロシア人だと思っていた)。健全で陽気な父母の薫陶を受け育った彼であったが父母は幼少期より異常に強靭な肉体と明晰な頭脳・透視能力などを示し始めた息子の行く末を心配するようになっていた。
高校卒業を控えたある日、彼は”父親”ケント氏から自分の出生の力を知らされた。
自分の能力に責任を感じその力を世のために役立てることを誓った彼は、その日、育った街スモールビルを旅立った。
上京した彼はメトロポリス大学でジャーナリズム学を専攻した。この頃彼の人生を変える事件が起こった。宇宙実験機の試験飛行を多くの観衆とともに見物していた彼は実験機の不調に気づいた。これまでも度々事故を察知し人知れず人々を救出していた彼だが、やむを得ず衆人環視の中素顔のままで実験機を救助し、この事件は大センセーションを巻き起こした。人々の狂乱する様にパニックを感じた彼はスモールビルへ飛び両親と善後策を相談した。彼らは息子にヒーロー然とした格好をしてひとつの正義の”象徴”となることを薦めた。かくして彼は母親手製のコスチュームを身に着け有事の際にはスーパーマンとして活躍し、プライヴェートでは眼鏡をかけてケントとしての生活も大事にすることにしたのであった。その後彼は「スーパーマンの独占インタビュー」をひっさげ志望していたデイリー・プラネット社に見事入社し以前から恋心を抱いていた記者ロイスとは当初しっくりいかなかったものの(彼女はスーパーマンのインタビューをクラークに先取りされたことに恨みを抱いていた)社会人としてもスーパーマンとしても充実した日々をスタートさせたのであった。
 およそ10年後。彼は帰郷した際に飛来したクリプトン製ロケットに残されたジョー・エルの記憶を得て (ロケット本体は政府関係者によって密かに持ち去られていた。またこのロケットには崩壊したクリプトンの破片がついていた) 自らがクリプトン只一人の生き残りであるというアイデンティティを得た。しかしそれでも彼は、自らを育て育んだアメリカの地に忠誠を誓い正義のために戦うことを改めて誓うのであった。
 近年は宇宙から飛来し長い眠りより目覚めた超兵器 に殴り殺されたり、復活してロンゲになったり能力が失われたりエネルギー化してコスチュームチェンジしたり分裂(http://mixi.jp/view_community.pl?id=454646 )したり元に戻ったりドラマになったりアニメ化されたりいろいろあったが、96年には無事ロイス・レーンと結婚した。

26歳

192cm102kg、確か胸囲は1m。

交友関係:
JLA (DCのヒーローチーム。彼はリーダーにはならず、一歩引いた付き合いを心掛けている)。バットマン(http://mixi.jp/view_community.pl?id=392852 )とは「クライシス」以後はぎこちなさそう (昔は大の仲良し)。スチールは彼を慕っている。スーパーボーイとは義理の従兄弟同士という関係。スーパーガールとも仲良し。
過去現在未来を通じてヒーローの中で最も偉大なヒーローとされているので、誰からも非常に尊敬されている。





能力:
・80万tの物体を持ち上げる超々怪力。 「いつも力を加減しているのでちょっと強い相手にぶつかると調子が狂う」ほど強い…。
・40メガトンの核爆発に耐える耐久力。身体の周囲に極薄のフォースフィールドを形成しているので服は滅多に汚れないし破れない。但し皮膚から離れているケープは破れる。コスチュームは母親のマーサ作。…リランチ以前の話だがスーパーマンが空中でクリプトナイト水 (笑) を浴びて落下するが、バットマンは 「彼は不死身だからいいが、彼の頑丈な体が落ちたら街は大被害だ」と冷静に計算するエピソードがある。
・最高時速800万kmで飛行できる。
・超鋭敏な視覚 (望遠・拡大・透視・赤外線モード等)。聴力もすごい。
・眼から熱線 (ヒートビジョン) を放射。
・吐く息で物体を凍結させる”スーパーブレス”。肺活量も脅威的で、 1時間程度は無呼吸で平気。宇宙空間にもそのままいける。
・太陽エネルギーの生体バッテリーであり、光を浴びれば浴びるほど強くなる。故に数十年後の設定である「キングダム・カム」等では今よりも更に強い。
・弱点:崩壊したクリプトンを形成してた石、”クリプトナイト”と”魔法”には弱い。
 物理的側面において地球最強クラスのヒーローという位置づけなのだろう。能力的には彼を超える超存在や超人がいるにはいるがコミック誌的に世界初のスーパーヒーローであるという実績が、現在過去未来を通じて常に彼を、最強最高の存在としているのであろう。
DCユニバースで彼に比肩する能力の持ち主は、6つの神の力を授かった”ワールド・マイティスト・モータル” たるキャプテン・マーヴェルだけであろう
・頭は弱い。まあバットマンに比べれば。
・歳はどうも、とらないらしい。

最新情報

開設日
2005年11月02日
(運営期間3980日)
カテゴリ
本、マンガ
メンバー数
153人
関連ワード