mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > cable.

cable.

cable.

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動くケーブル。

名称:ネイサン・クリストファー・サマーズ 、ネイサン・ディスプリング・アスカニサン 。
通常はケーブル (養父の言葉に影響を受けて)。ごく親しいもの以外は彼をネイサンとは呼ばない。ましてや彼がサマーズの姓を持つと知るものは、極少数である。ドミノはその辺のほぼ全容を把握しているのか?「リージョン・クエスト」では彼を「ネイト」 (まあネイサンの略称として、だろう) と呼んでいた。

Story:
ネイサン・サマーズはX-MENリーダーサイクロプスことスコット・サマーズと、彼の妻でシニスターに採取されたジーン・グレイの遺伝子情報から作られたクローン、マデリーン・プリアーの間に生まれた。数年前、サイクロプスの力に目を付けた魔神アポカリプスはその能力を奪い取るための触媒として幼いネイサンを奪取した。サイクロプスらX-FACTOR (当時) は月基地まで彼を追いつめたが、時遅くネイサンはミュータントパワーを得る触媒とするために全身を有機生命体を機械化する”テクノオーガニック・ウィルス”に侵されてしまっていた。そこに現れた未来人の女戦士アスカニはネイサンを治療する術は現代には無いとサイクらに告げ、未来世界で治療するため彼を連れ去るのであった。
 未来世界で幼少期よりおよそ10年に渡ってスリム・ディスプリングとその妻レッドと名乗る養父母に育てられた彼は、その後アスカニ教団の教えに従いアポカリプス率いる支配者集団ニュー・カナーンと対立する勢力クラン・アスカニ (後にクラン・チョーズン) のリーダーとなるべく戦士としての英才教育を受けた。その後の長い戦いで、結果的にアポカリプスの支配を打倒できなかった彼は、タイムマシンで現代よりおよそ10数年前の世界に到着した。最初にプロフェッサーXに出会った彼は、彼の造るX−マンションに超テクノロジーをもたらし、その見返りとして現代文化についての詳細なレクチャーを受けた。その後は世界各地の紛争地帯を5人の傭兵仲間と共に渡り歩き数年前にミュータントチーム、ニューミュータンツの少年サム・ガスリーこそが人類の未来に大きな影響を与えることを知り、彼を教導することを目的に指導者 (当時はマグニートーだった) を失ってアウトロー化した彼らに近づいた。その後は新チームX-FORCEのリーダーとして若いミュータントを率いて、また単独でも「真実のために」戦い続けてた。
最近になって意見の相違からX-FORCEを離脱し、その後しばらくは単独で闘った後、父親の事故による脱退を機にX-MENに参加した。
実年齢は40代後半-50歳と推定される。右眼に傷がある。ミュータント能力を使用したり興奮したりすると左眼が輝く。

身長203cm、体重156kg …でかい..

交友関係:
X-FORCEでは頼れるリーダーであった。ただゼロ・トレランスへの対応の仕方で彼らと意見が対立し、最近は専ら一人で活動しているらしい。X-MENとは父母、教授以外とはそんなに仲良さげに見えない。ウルヴァリンは彼を嫌ってるし (しょうがないけど.)。傭兵チームシックスパックとは上手くいっている? G.W.ブリッジ (国際諜報機関シールドの長官にご出世) とは非公認の協力関係。あとは「兄弟」X-MAN。互いに好き合っているようにも見えないが協力関係にはあるらしい。それ以外の仲間として現代世界に (何故か) 居る彼の未来世界における武術と精神術の師匠ブラークスミス。また忠実な彼のコンピュータ、プロフェッサーも彼にとっては未来世界との大事な接点になっている。

能力:
幼少期にテクノウィルスに侵され不随になった左半身は全て機械化されているが、機械化された半身に再度ウィルスが侵食を始めており、元来極めて強力なサイオニックでありながら彼はその能力の殆どをウィルスの抑止に振り向けている。そのため当初は銃器の扱いや戦士としての能力こそ優秀だがミュータントとしては単に微弱なテレキネシスの持ち主とされていた。ボディスライドによるテレポートは侮れないものであったが、それは彼本来の能力ではない。
 しかしひとたびウィルスに侵される危険を顧みずミュータントパワーを解放すると、”兄弟”ストライフやX-MANと互角の超強力サイオニック能力者である。強力なテレキネシスとテレパシーを操り、さらに左眼からオプティックブラストを放つことすらできる。戦士としての長い経験と自身の才能に強烈なミュータント能力が加わり、スーパーパワーの超人達にも一歩も引けをとらない地上最強の戦士である。
X-FORCE時代は常に銃器を携帯していたが、最近は専ら古風な槍 (その謂れは不明..) を携え、以前にも増してサイオニックを多用する戦闘スタイルをとっている。

最新情報

トピック

12月31日
ケーブル
開設日
2005年11月02日
(運営期間3980日)
カテゴリ
本、マンガ
メンバー数
77人
関連ワード

おすすめワード