mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > パールヴァティー

パールヴァティー

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年8月30日 16:45更新

パールヴァティー (Parvati)

 インドの神話。シヴァの神妃(デーヴィー)の一人。シヴァの最初の
妻、サティーの生まれ変わりだといわれる。その名は「山に住む女神」
の意。カーリダーサは『王子の誕生』の中で、彼女の美しさを賞賛して
いる。全ての美の象徴ともいえる女神。

 サティーが死んでからというもの、シヴァは落ち込み、苦行によって
悲しみを紛らわせていた。それに気づき、身の回りの世話をしていたの
が、メーナーから生まれたパールヴァティーである。
 しかし、シヴァは一向に彼女の方を見ようとしない。胸が張り裂けそ
うで、どうしようもなくなった彼女は、悪戯心からなのか、苦行中のシ
ヴァの目を両手で後ろから塞いでしまう。その瞬間、全ての光は失われ、
宇宙は動きを止めてしまった。しかし、その時、シヴァの額から聖なる
光が溢れだし、第三の眼が開かれたのである。

 二人を見守っていた神々も、そうのんびりと待っていることが出来な
くなった。その頃、苦行で力を付けたターラカというアスラが神々を苦
しめていた。ターラカは、「シヴァとパールヴァティーの子供からしか
殺されない」という能力をブラフマーから得ていたのだ。神々は一計を
案じ、二人の元に、愛の神カーマを派遣した。
 カーマは、妻のラティ(快楽)と従者のヴァサンタ(春)を連れ、シ
ヴァの元へと向かった。パールヴァティーがシヴァの目の前に現れたの
を見計らって、愛の矢をシヴァに向けて放った。その効果によって、一
瞬心が揺れたシヴァだったが、カーマの仕業だと気付くと、激怒して第
三の目から凄まじい光を発して、カーマを焼き尽くしてしまった。

 どうしても相手にされない彼女は、シヴァと同じようにカイラーサ山
で苦行を始めた。それを知ったシヴァは、彼女の事が気になり始め、試
してみようと考えた。みすぼらしい苦行者に姿を変えると、彼女に近づ
いて行った。彼女はやさしく老人に接し、沐浴の後、食事をするように
勧めた。だが、老人は沐浴の途中溺れかけてしまう。
 助けようとした彼女の手が、動揺に震える。彼女はシヴァ以外の男に
は触れてはいけないという誓いを立てていたのである。それは、死より
も重い大罪であり、恥であった。かといって、目の前で溺れる老人を見
捨てることは出来ない。彼女は戸惑う指先に力を込め、ぐっと老人の腕
を掴んだ。
 その瞬間、老人が光に包まれ、シヴァへと姿を変えた。シヴァは、彼
女の愛の深さを知り、ついに二人は結ばれたのである。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 36人

もっと見る

開設日
2008年12月20日

3016日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!