mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 地域 > トランジションタウン小金井

トランジションタウン小金井

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年2月13日 07:41更新

小金井市の概要

小金井市は今年、1958 年の市制施行から50年目の節目を迎えました。小金井市は東京西部の通勤圏に位置し、約11万人の住民を抱えています。JR中央線で新宿から約25分の距離にあり、さらに中央・線で西に30分行けば、豊かな自然が残る農地、森林、山々があります。小金井はたくさんの木々や公園、緑地、畑がある緑の多い地域です。これといった産業はありませんが、4つの大学と小中高等学校が多数存在する文教地区として知られています。そのため、お子さんのいるご家庭に人気が高いのです。

石油が枯渇した後の小金井市の生活は?

小金井市制施行50 周年記念というこの好機に、50年の歴史を振り返り、これからの50年に思いをはせてみましょう。小金井市が歩んできた50年の間に、私たちは信じがたいほど急速な技術的・経済的発展と建設ラッシュを経験しましたが、それはそのまま、海外から輸入された大量の安い石油とガス、そして安価な食料への依存を深めていく過程でもあったわけです。しかし次の50年には、私たちが石油、ガス、食料の輸入量の大幅な減少に直面するであろうことは、ほぼ間違ありません。そのため、これからは市民一人一人が、石油と食料の輸入に頼らない生活へいかに転換するか、その方法と知恵を学んでいく(取り戻す)作業をする必要が出てくるでしょう。


トランジション・タウンとは?  

トランジションtransitionの直訳は、移り変わり、移行、遷移、推移、転移、変わり目、変化、変遷など。
トランジション・タウンとは、現代が抱える4 つの大きな課題、すなわち石油・ガスの供給量の減少、気候変動、食料自給率の減少、そして経済・雇用危機に取り組むため、地域の未来像を思い描き、その実現に取り組み、自分たちが本当に住みたいと思えるような地域を作り上げる試みを実行しているコミュニティを指します。地球温暖化やピーク・オイル(およびピーク・ガス)が今日私たちに突きつけているのは、人類がこれまで直面してきた、もっとも深刻な問題かもしれません。今という時は、自分たちの生き方を問い直し、どのような地域社会、ひいては世界に住みたいのか、意識的な選択を始める絶好のチャンスでもあるのです。

トランジションタウン小金井の「トランジション」は、2005年に英国のトットネスで生まれたトランジションという概念をベースにしています。2005年以降、このトランジションのコンセプトは急速に広まり、今では世界中に170を超えるトランジション・タウンが存在するまでになりました(H21.5現在)。詳しくは、http://totnes.transitionnetwork.org/ (英語のサイト)をご覧ください。


変化はいやおうなくやってきます。しかし、対応策を考えておけば、変化に見舞われるまで手をこまねいているよりも、ずっと有利な立場に立つことができるでしょう。


一致協力すれば、今よりずっとすばらしい未来を作り出せる。

私たち住民、企業、行政、地域内の組織、学校が一丸となって取り組まない限り、革新的で効果的、かつ実践的なアイディアを生み出し、それを実行するだけのエネルギーと技術は得られないでしょう。私たちは現在よりもっと生きがいがあり、豊かで楽しい未来を作り上げることができます。力を合わせることで、私たちの地域に眠る幾多の熱意と創造の才(それはまさに、私たち一人一人のことです!)を、このトランジションの実現に向けて、解き放つことができるのです。


私たちの活動の目指すところは次の3つです。

1. ピークオイルによる危機が間近にせまっていることを、多くの市民の方々に知ってもらい問題意識を共有したい。

2.社会的意義のある様々な具体的取り組みをしてきたNPOそれぞれの活動内容・意義を理解し、相互のつなげ役となり、より持続可能でよりメジャーな活動の流れをつくりたい。

3. NPOや多くの市民と共に、エネルギー消費削減や温暖化防止につながり、かつ「地域の底力」をより強化する独自のアクションプランを企画し、実績をあげていきたい。

それでは、どうすれば「地域の底力」を高めることができるのでしょう?アイディアはいくつかありますが、確実な方法はまだ存在しません。私たちにできるのは、この課題に対応する方法を探り、皆さんを、地域を、支援することです。小金井市は11万人以上の住民を抱える大規模な市なので、将来、市内の10の町を単位に10のトランジション地域を作ることを提案します。各町の人口は約9千人から1万6千人で、地域単位で協力してトランジションを実現するのに、理想的な大きさです。

私たちは、次のような計画を考案しています。

<地域経済>

1. 小金井市の地域通貨の立ち上げ
2. 地域の電気店と提携したエコライト推進計画
3. 市内の小売店、レストラン、地元農産物の即売所・農家の庭先販売所などを網羅した地図作成
4. 石油枯渇後に対応するための企業支援プログラム
5. 市内企業への人材派遣、農家の後継者確保

<食・農>

6. 建物の屋上、壁面、ベランダを活用した食料生産・自給自足に関する教育計画
7. 遊休農地を活用した食料を自給したい人向けの共同菜園の確保
8. 多摩川流域の上下流で繋がる小菅村、姉妹都市の三宅島など、地方の食糧生産地域との戦略的関係の構築
9. 市民による市内農家の援農プログラム
10. 農場に滞在するプログラムやワーキング・ホリデー・プログラム

<資源・エネルギー>

11. 圧力鍋やソーラークッカーを使った料理教室
12. 家庭や企業のエネルギー効率を高めるワークショップ
13. 太陽熱温水器やソーラーパネルの設置による熱や電気の自給率向上計画
14. エネルギーと石油に関する教育プログラム
15. ピーク・オイルや気候変動の専門家による講演会
16. てんぷら油の回収拠点の設置とディーゼル車のバイオ燃料への転換支援

<健康増進・快適生活>

17. 市内の安全なサイクリングコースや散歩コースの地図


★関連資料・ホームページなど
・トランジションタウン小金井のブログ(new)
http://ttkoganei.exblog.jp/
現在は主に週1ペースで行われている定例会の議事録が中心です。いま、どんな活動を行っているかが、概ねわかります。
・トランジションタウン小金井のHP(手引書ダウンロード可)・・・こちらも日本語v(^-^)v。まだまだまだまだ未完成。近い将来更新予定。
http://tt-koganei.com
・トランジションタウンブログ・・・小金井市以外、トランジション運動が展開されている藤野町(神奈川県相模原市)、葉山町(神奈川県三浦郡)での情報、関連するエネルギー問題、一足早く石油危機を体験したキューバの話題などなど、関連情報を随時更新しています。
http://ttown.exblog.jp/
・トランジション・ジャパンのHP・・・こちらは日本語ですv(^-^)v。でもまだ未完成
http://www.transition-japan.net/index.html
・小金井市環境市民会議
・・・お堅い名前ですね。これは行政の肝いりでできた市民団体。平成15年7月に施行された小金井市環境基本条例に基づいて、設立されたものです。市内はとっても市民活動が盛んで、沢山のNPO等の団体があります。これを同じテーブルに結びつけて市の環境問題の解決の糸口を見つけていこうとしているもの。「トランジションタウン小金井」の目指す方向とかぶっている部分もあり、こことの連携なしには、小金井での活動はありえない、と思います。
http://www.koganei-kankyo.org/
・トランジション・ハンドブック・・・英文です(>_<)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/1900322188/ref=olp_product_details?ie=UTF8&me=&seller=
・トランジション・ネットワークのHP・・・こちらも英文です(T_T)
http://www.transitiontowns.org/

★コミュニティリンクは以下の6つとしました。

●パーマカルチャー:トランジションタウンのベースとなる考え方で、パーマネント(permanent 永久の)とアグリカルチャー(agriculture 農業)をつなげたもので、同時にパーマネントとカルチャー(文化)の縮約形でもあります。人間にとっての恒久的持続可能な環境をつくり出すためのデザイン体系のことです。 パーマカルチャー・センター・ジャパンのページは以下のとおり。
http://www.pccj.net/
●小金井市:地元小金井市のコミュです。
●ピークオイル:気候変動(地球温暖化)と共に、重要な地球規模も危機であるピークオイルへの対応が、トランジション運動のきっかけにもなっています。
●エコヴィレッジ:トランジションによって、石油にどっぷりつかった既存のまちは、エコビレッジを目指します。
●トランジションタウン裏磐梯:mixi第1号かと思いきや、既に裏磐梯のトランジションタウンコミュができていました。
●地域力(住民コミュニティ):トランジションタウンの目標はまさに地域力を高めていくことです。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 45人

もっと見る

開設日
2008年12月16日

3232日間運営

カテゴリ
地域
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!