mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 映画 > カフェ代官山IIIそれぞれの明日

カフェ代官山IIIそれぞれの明日

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2013年5月27日 11:44更新

カフェ代官山シリーズ・第一章『Sweet Boys』、第二章『夢の続き』
に続き、最終章『それぞれの明日』の劇場公開が決定しました!
4人が織り成す物語の最終章。
カフェでの最後の共演、それぞれの明日をどうぞお楽しみに!

ストーリー

ガク(馬場徹)がいないカフェ・レーヴ・コンティニュエの1年後、ヒビキ(相葉弘樹)、サーディン(大河元気)、コトッチ(桐山漣)は 恒例のクリスマスパーティを開いていた。そこへ、突如ガクの従兄弟湊川恭歌(馬場徹・二役)が現れる。キョウカは 「この店で一緒にパティシエを目指さないか?」というガクの手紙に誘われ、ふらっと訪れたのだった。ガクと顔がそっくりでも性格は正反対、 自分勝手なキョウカだがパティシエとしての腕は天才的。
ヒビキはそれを密かに認めるが、キョウカは店を掻き回しただけで去っていくのだった。
風来坊のキョウカが去りサーディンが帰省、カフェはヒビキ、コトッチの2人で切り盛りすることに。 その矢先、コトッチの実弟・琴尚(桜田通)が「音河流の宗家を継いで欲しい」とやってくる。悩むコトッチ。
サーディンもまた実家の牧師になることで悩んでいた。
そして、ヒビキも再び現れた天才キョウカの存在で自分のパティシエとしての生き方を見つめ直す。

ヒビキ・サーディン・コトッチそしてキョウカ。Sweet Boysがそれぞれの明日に向かって最後のクリスマスを迎える! キラキラした若者達の現在・過去そして未来へ繋いだ「カフェ代官山」3部作の最終章!


公式サイト抜粋

http://cafe-daikanyama.com/

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 50人

もっと見る

開設日
2008年12月10日

3118日間運営

カテゴリ
映画
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!