mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > ティック・クアン・ドック

ティック・クアン・ドック

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年8月22日 22:59更新

ティック・クアン・ドック(釋廣、ベトナム語:Thích Quảng Đức、1897年 - 1963年6月11日)
はベトナムの僧侶である。仏教徒を弾圧する、南ベトナムのゴ・ディン・ジエム政権に抗議するために、アメリカの大使館前でガソリンをかぶり焼身自殺をした。
自殺は予め公表されたうえで行われ、映像・画像として世界に配信され、アメリカの南ベトナム政策に対する批判を強め、国内の仏教徒にも大きな影響を与えた。また、自殺の様子をとらえた写真は1963年度の世界報道写真コンテストでグランプリを獲得した。
焼身自殺は、死に至るまでの時間も比較的長いことが多く、呼吸不全、全身の火傷による激痛が長く続くことになる。そのため、この自殺方法は死に絶えるまで足掻くこととなるが、ティック・クアン・ドックはじっと蓮華座を続け、惨苦を、一切表に出さず、最期までその姿を崩さなかった。その悲壮、神異な様を見て、跪き、拝む民衆の姿が映像に残っている。
焼身自殺の場所には、現在、碑が建っている


自殺を目撃した記者の言葉
『後にその様子を見る機会もあったが一度で十分だ。炎が体から舞い上がり、体はどんどん小さくしぼんでいき、頭は黒く焦げていった。あたりは皮膚が焼ける臭いがたち込めた。人間というのは驚くほど早く燃えてゆく。 私の後ろからは集まったベトナム人のすすり泣きが聞こえた。泣くにはあまりにショックで、書きとめたり疑問を投げかけるにはあまりに混乱し、うろたえて、考えることすらできなくなった。燃えていく彼は微動だにせず、声も発さず、彼の落ち着きはらった様子は周りの泣き喚く人々とのコントラストを醸し出していた。』







冷戦 ベトナム戦争 アメリカ 南ベトナム 北ベトナム ソ連 僧侶 仏教 ゴ・ディン・ジエム ドラゴンレディ ジョン・F・ケネディ  焼身 ホーチミン RAGE AGAINST THE MACHINE  世界報道写真コンテスト 映像の世紀

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 38人

もっと見る

開設日
2008年12月5日

3006日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!