mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > スポーツ > ワインド釣法

ワインド釣法

ワインド釣法

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年6月14日 12:25更新

http://www.oz-tackle.jp/wind.htmから抜粋

・「ワインド釣法」ってどんな釣り?

アオリイカを釣るときの「ダート釣法」ってありますよね?エギを強くシャクって左右にダートさせて釣るやりかたです。あれをソフトルアーでやってしまったのがワインド釣法。もともとフィッシュイーターがエギ特有のジグザグダートアクションが大好き!なのは分かっていたんですが(エギングの時にも魚がエギにアタックしてきますしね)、それを実現するルアーがなかったんです。それがなんとウチの「ミノー」をイジると、できちゃったんです。で、やってみたんです。すると…爆ったんです!…こうして生まれたのが「ワインド釣法」だった、というわけです。




・「ワインド釣法」の何が凄いか

「デイライトシーバス」…平たく言えば昼間にシーバスを釣っちゃいましょう、ということ。でも、言うは易し行なうは難し。もともと夜行性の気があるシーバスを昼の日中に釣るなんて甘いことじゃあありません。それでも釣ろうとするとどうしても朝一や夕方の時合い狙いや「岸壁ジギング」のように水深のあるストラクチャーの影をダイレクトに狙うしかありませんでした。
でも、それで釣れるということは昼間でもシーバスは口を使うということ。そのポイントにシーバスがいるのなら釣る方法はあるということ。
それならばと、まずは朝の時合い狙いで「ワインド」を試してみました。そうすると、既存の方法では釣れなくなった時、つまりは時合いが去ったと思われる時間になっても「ワインド」ではまだまだ釣れちゃったんです。それも、潮が止まるなどの食い気が本当になくなるような要因が出てくるまで。
ルアーニュースの取材のときもそうでしたが、魚がいる限り釣れる時間は一切限定なし!真昼間になっても潮が動いている限り釣れ続きました。
つまり、「ワインド」の凄いところは、魚にほんの少しの食い気さえあれば半ば強制的に捕食のスイッチを入れて食わせてしまうこと。だから「スレたからもう釣れない」「ここにはもういない」または「この時間じゃあ食わない」と思うような時にでも取り残しがある限り結構釣れてしまうのです。


と、ここまでは「ワインド」のおおまかなスタイル・特徴を紹介しました。

この釣り文句に洗脳されどっぷりつかっております。
こんなの釣れたよ
などの自慢話でも結構です^^
一緒にテクに磨きをかけてしゃくりまくりましょう!
なお 管理人は単なる釣り好きですw

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 37人

もっと見る

開設日
2008年12月5日

2926日間運営

カテゴリ
スポーツ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!